読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

普通っぽく成れる権利

今日は買い物に行った。

よくかっちと一緒に行った帽子屋さんで新しいハットを買った。

なんて云うかな。似合ってるかな。いつも以上に色で悩んでるよ。

そんなこと思いながら、店員さんと会話。

こういう時の自分は大概ふわふわと浮いている。

それがわかる。

わかるんだけど、うんまぁそうだねぇって見逃す。

 

 

 

 

 

 

最近出来た友達と遊んでる時、すごく自分の(変な異質さ)を実感させられる。

その友達は大好きな旦那が居たこと、死んじゃったこと、そんで自分の調子が極めておかしいことを把握している というかわかってる。

その上で、全くかっちの話にならない。

気を遣ってくれてるんだろうなってのはすごく感じる。

よく理由を付けてご飯に連れ出してくれるからだ。

そこで当たり障りのない話をするんだけど、(あ 普通はこうなんだな)って思う瞬間がとても多い。

元々の友達や家族から(ちゃんと食べないとだめよ でも無理しないで)とか、

(外に出ないとアカンよ でも無理しないで)とか、

そういう優しい言葉を沢山もらってた自分。

(無理はしないで)・(ぼっちのペースで)という逃げ道まで付けてくれる。

でもその友達 というか普通の人からしたら、食べることは日常で、外に出ることも日常。

ごくごく当たり前のことなのだ。

そういやそうだったよな。

毎日のことを、毎日出来ていない。

ここのご飯がすごく美味しくて とか、

この前どこどこに行ったんだけどすごい楽しかったよ とか、

あーこういうのが普通の会話なのかぁ と。

私は普通っぽく成りたいとか思ってたけど、そもそも意識しちゃってるところでもう(普通っぽく成れる権利)がなかったのね なーんてことに気付いてしまった。

 

出来るだけ砕けて書いたつもりだけど、自分にとっては結構恐ろしい気付きだった。

 

ぞっとするほど、先の長い道に立たされてる そんな気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみた。

やっぱり1月末から変化が起きているような気がする。

これもまた、すぐ考えが変わるかもしれないんだけど。

今考えて、今思ったことだ。あしからずだ。

いつでもちぐはぐな私なんだけど、逆コナン君って感じ。

見た目は大人なのに、脳内は非常に子供みたいだ。

外でのかっこつけに躍起になって、家でひとり打ちのめされる。

バランス感覚が総じてバカなのだ。

今、自分を俯瞰で見よう、俯瞰で見よう と必死になっているこの様も、きっと滑稽なんだろうけど。

ちゃんと今足掻けてるのかなぁ。

わかんないや。

 

 

 

 

 

f:id:hitoribocchi17:20170220224536j:plain

youtu.be


にほんブログ村

生きててくれればもうなんでもいいってこの時は本気でそう思ってたよ

記憶をなぞる

なぞる記6

 

呼吸器科で造影剤のCT→胃カメラの検査→生検→PET検査(別の専門病院)を全て別日にすることになったかっち。

頭の手術は3月27日になった。

勿論全部が初体験。

私も経験したことないから、造影剤を最初に云われた『造影剤入った瞬間にかぁーーって熱くなるんだよ!』って言葉の意味は、正直今でも理解出来ていない。

(なにかやばい副作用か?)って思って瞬時に調べたら、造影剤はそういうもんなんだってことを初めて知った。

そこからは毎回、造影剤は体が熱くなる ってことはわかった。

(そういうもん)ってことは知れたけど、経験してないから本当の意味で理解はしていない。

私はかっちじゃないから、かっちの本当の痛みや苦しみは到底理解出来ない。

闘病中はそんなことの繰り返しだった。

それが、苦しくて、歯痒くて、悔しいと何度も思った。

【痛みを分け与えられる制度】なるものがあったら真っ先に使うのに なんて思ってた。

かっちは全力で止めにかかるんだろうけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

造影剤CTを撮った日辺りから体調に変化が訪れた。

吐き気が止まらない。

脳と目の揺れが気持ち悪い。

ご飯が食べられなくなる。

布団(この時はまだ布団だった 懐かしいなぁ)から体を起こすまで40分~1時間かかる。

ゆっくりゆっくり起きても、目の揺れと脳の揺れで気持ち悪くなって吐いてしまう。

 

 

 

胃カメラ、生検をしてもちゃんとしたことはすぐにはわからないよ と云われた。

脳の腫瘍との関連性。

肺の自覚症状が全くないだけに、喘息の塊とかカビの一種かもしれない とお医者さんは云った。

色んな気持ちが入り混じっていた。

一番最悪なことを突きつけられるのだろうか。

まだマシって思えるのだろうか。

希望や可能性がまだ少しだけあるのだろうか。

でもその希望に全振りして最悪の結果だった場合、私は確実に崩れてしまうのではないだろうか。

かっちとはこの後どんなテンションで話そうか。

カンファレンス室でそんなことをずっと考えていた。

果てしなく長い時間に感じたけれど、実際は20分くらいの時間の経過。

私は常に自分の身の振り方と、かっちのことだけ考えていた。


にほんブログ村

(4分半だけ夢見たいから)

こうやって、パソコンの前で好きな音楽を小さく流しながらキーボードを打っている。

今もそうだ。

頭からっぽで画面だけ見てひたすらなんとなく紡がれる文字を、ちょっとだけ当たり障りないように変換して、打ち込んでいる。

一個前のブログを読み返してみた。

総じて酷い。

酷くって、みっともなくって、キャパオーバーだ。

自分で云うのも大変おこがましいが、私は(なんでもない顔)が巧いと思う。

だからみんな忘れちゃうんだって。

人生最大の悲しいことが、私に起こったこと。

それからまだ7ヶ月しか経ってないこと。

強く在ろうとすることが、とたんにバカみたいに思えてきてしまった。

全部自分がいけないのにね。

自分のかっこつけたがりが招く事実なのにね。

察してくれない人のせいにする。

察せなくて当たり前なのにね。

エスパーな人間なんていないもの。

 

 

 

毎日泣いてるんだよだとか、どれだけかっちを恋しいと思っているかだとか、

瞬間の本当の気持ちだとか、痛い弱い脆い部分だとか、

全然大丈夫じゃないよだとか、常に迷ってるだとか、

体調面での不安だとか、精神面でのこわさだとか、

そんなこと云い出したらきりがないし、云うつもりもない。

それは私のつよがりだ。

(誰かに云いたい誰にも云えないこと)がどんどん増えてって、

それはやっぱりここにも残せなくて。

意気地がない。

友達と遊んだり飲んだりする時くらいは普通っぽく楽しくしたい。

それもその時思った本当の気持ちだ。

自分だけの秘密ばかり積もってく。

胸の内を晒して、私の話を聞いて欲しいのに、その独白めいたものを聞いて欲しいと思う人はいない。

誰かって誰でもいいわけじゃないんだってこの前はっきりとそう思った。

 

 

f:id:hitoribocchi17:20170210005656j:plain

youtu.be


にほんブログ村

やってしまった

やってしまった。

そらもう盛大にやってしまった。

こうやって一生忘れられないことって積もってくのかなぁ。

今の私にはやっぱり全部ハードルが高くて飛べず。

潜ろうもんにも下ルートが棘まみれだったり。

そんなんばっかだ。

 

 

 

 

恥ずかしさとみっともなさ600%でお届けするよ。

うじうじべそべそあーだこーだしてるから、きっと観覧注意。

ある種の戒めだ。

戒めになればいい。

繰り返したらダメなやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざっくばらんに云うと、ぶっ倒れてしまった。

酔ってたし、眩暈、寝不足だし、理由はその辺に沢山ある。

(分かってるくせにどうして改められないのか)のしんどさったらない。

初めてなんだもん。自分の脳みその中に3つくらい違う思考の脳みそをミックスしてる感じ。

これ誰なんだ と。

 

廻る視界は漫画みたいに、本当にスローモーションだった。

思い返すとあの映像ちょっと綺麗だったな とかバカみたいなこと云ってみる。

でも、意識としては(あ、やばい倒れる)って思ったらもうすっ転んでた。

耳の裏というなんとも微妙な位置を打ってしまった。

じんじん熱を持ってく耳の裏。

耳の裏にこんなに着目したこと、今まで生きてきた中でもれなく初めての経験だ。

きみのピークはきっとここだよ と思いながら、今日も指で傷口をなぞる。

 

かっこわる。かっこわるい極みじゃんこんなの。

ここで云うのは許していただきたい。

ってこのみっともなさはこの場所では最早見慣れ過ぎた光景だと思うけどw

実際の生活じゃ絶対に云わないから。

かっこわるいのもみっともないのも、ダサいのも。ぐちぐちうじうじが過ぎることも。自分で思ってることなのにね。

もう自分を否定し過ぎてやんなる通り越した。疲れた。

キャパを遥かに越えた状態で、人の優しさに漬け込んで、甘えて、

都合よく扱おうとしていたことに気付いてしまって、ぞっとして、申し訳なくなって、自己嫌悪した。

そんなんの繰り返しだよ。

人といると傷付けてしまうのがこわい。

でもひとりでいたくない。

かっちだったら一番いい。

けどみんなかっちではない。

だから誰でもいいってわけではない。

かっちがいい。

私はかっちがいい。

 

 

携帯のメモ帳に覚えのない謎文章が残ってた。

誤字脱字カーニバルなその散らかった文章は、本当に覚えがないんだけど自分が打ち込んだんだろうなってすんなり思えるものだった。

SS撮ってここにもアップしようと思ったけど、流石に手が止まってしまうような内容だったのでやめた。

あと笑えないくらいにまじで誤字脱字が酷かったwww

どんな気持ちでこれを打ったんだろう。

保存した時間を見ると多分転んだ後。

未来の私に何を云いたかったんだろう。

未来の私なはずの今の私は何も感じ取ることが出来ないし、それもまたふがいない話なのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月は匂いが強い。

気付けなかったけど確かに存在した違和感。

弱っていく身体。

やっとこ出来た結婚式。

2年に渡って匂いが強い。

そんなん云ってたら毎月そうで。

きっとこれからくる毎月そんなんばっかなんだけど。

ひとりがつらい。

半身以上今を生きられていない私が、ひとりで毎日を過ごす。

過ごしているんだけど、過ごしていない。

落ちたらあとは上がるだけって思ってたし、実際云われてきた言葉がある。

けど一向に(上がるだけ)ゾーンに行けないんだけど。

まだ下がある。

まだ底が見えない。

暗い内容でほんとにごめん。

暗い気持ちにさせてしまったらごめん。

こんなんばっかでごめん。

何にも現状を変えられなくてごめん。

外で出来ているであろう(何でもない顔)が家で、ひとりで、出来たらすげー楽なんだろうなって思う。

 

 


にほんブログ村

とっ散らかった週末を回収

散々に飲み散らかした週末だった。

 

バカみたいな金曜と土曜を越えた。

色んな話を色んな人として、なんか、なんともとっ散らかった2日間を過ごした。

くだらない話、真面目な話、バカな話、趣味の話、そんな主に生きるってことの中心な生活の話。そんな話をたくさんしたんだよ。

人が居てくれるのってありがたいんだよな。

ありがたいんだけど、なんて云えばいいんだろう。

私の今の語彙力だと、表現するのが難しい。

感覚で生きてきた自分を恨んでいるよ、ほんと。

 

 

 

もらう言葉も優しさも叱咤も、全部要は相手とタイミング次第で色が変わる。

私は色んな人にもらってばっかり。いい色のいいものばっかりもらってばっかり。

そりゃ万能ポジティブ人間なわけではないから、全部が全部ってわけじゃないよ。

ざらっと感じる言葉もある。

直感的にいやだなと感じる優しさみたいなのもある。

それただ言い負かしたいだけじゃないかって思う叱咤みたいなものも。

それでもいいものは残る。

言葉が悪くても、強くても、その瞬間へこんでも、本当に刺さるいいものは私に残ってくれる。

いいものの逆、いやなもの。そんないやなものに表面だけ刺されるといやだけど、今となってはかすり傷だ。

んで、周りに恵まれている自分は圧倒的にいいものが多いんだと思う。

やっぱどうせならいいものに刺されたいよ、私は。

 

(いいもの)が貯蓄されてって、でも満ち足りることはなくって、

(それはそれ これはこれだよ)と自分の中の誰かが云う。

じゃあ私はなにが欲しいんだろ。

なにを以って、なにを糧にできるんだろ。

私の中尽きない。

いっそ早く尽きてくれと思う。

こうやってグズっているのもいい加減そろそろしんどいなぁ ってのが、めちゃくちゃな本音だ。

ほんとめちゃくちゃなぁ。

 

 

 

 

 

飲みの席。ホルモン屋さんで、『ぼっちさんはずるいんですよ。』とひとりの友達に云われた(もれなく酔っ払い)。

 

こんなことになっちゃってる人がぼっちさん以外に自分には居ない。

勿論自分も経験したことない。

だから、なにを云えばいいのかわからなくて、なにができるのかもわからなくて。

ぼっちさんがなにをしても、なにを云っても、わからないからそれが正解になる。

でもこの先ぼっちさんが明らかにだせーこととか、よくないことをしようとしていたら、それ俺は嫌なんです。

でも咎めらんないんすよ。

正解はいつもぼっちさんが持ってる状態だから。

だからずるい。

 

 

ざっくりまとめて、こんなようなことを云われた。

その友人の気持ちになって考えてみるとこれがまたすっごくよくわかる。

わかってしまって、たちまちありがたくなったのである。

だから『ずるいってなんだよwww』って云ったあと、

『いーよいーよ、だせえなと思ったり嫌だなと思ったらそれそのままその時に云ってほしいっすよ。』と、瓶ビール片手に極めてフランクに返した。

 

嬉しかったから。

ダサいことをしてる自分をあまり見たくないと思う友人の気持ちがなんか素直に嬉しかった。

 

この辺の話も、きっとその受け取り手や発信者、タイミングによっては酷な言葉になるんだろうなぁと思う。

生温かい目でなんとなく読んでくれたら嬉しいな。

私はこう思ったし、思えたよって話ばっかりだから。

こんなんばっかりだ。

ブログ書き始めた最初からこうだけど、なんだかこんなんばっかだなぁと思った。

なんの参考にもためにもならん。

全力メンゴ!

一旦おしまい。

 

 

 

 

f:id:hitoribocchi17:20170210005655j:plain

youtu.be

 


にほんブログ村

バレンタインをまるごと全部あげたい

東京では久しぶりに雪が降った。

雪が降ると本当に空気がしん として、吐く息が目立ってしようがない。

もれなく全部白い。

 

 

商店街のお菓子屋さんはバレンタインデーに向けて華やかになってた。

毎年、甘党のかっちにチョコをあげる日。

毎年、お世話になった友達や好きな仲間チョコとかお菓子を配る日。

今年はかっちコーナーに置く分だけにしようかな。と思う。

 

手作りか買うかは、毎年タイミング次第だった。

忙しい期だったら買う。

暇な時間が作れそうなら作る。

規則性なんかは特になく、毎年そんなふんわりしたバレンタインだった。

かっちは買おうが作ろうが喜んでくれてた。

そういう人なのだ。

 

 

 

 

 

かっちとの初バレンタインの思いでは(胃薬)だったなぁ と思い返していた。今。

 

私、かっちと一緒になる前まで家事がすこぶる苦手で。

料理なんてしたことなかったし、する気もなかった。

全力で外食産業廻してた。

(かっちに手料理を振舞いたい!美味しいって褒められたい!もっと好かれたい!)

というドーパミン全開思考で料理本片手に料理を学んだ。

 

最初は失敗の連続で、本当に散々だった。

エビチリを作れば炒めてたエビが消失するし、

錦糸卵の作り方がわからず、ただの細い卵焼きになったり、

塩少々の(少々)がわからず、ただの塩辛い野菜炒めになったり、

日曜お昼のやってTRYも青ざめる程センスがなかった。

 

でも、継続は力なり と云えば聞こえがいいが、ほんとそう。

(喜んでもらいたい)っていう素直な気持ちと、

(んでもっと好きになってもらいたい)っていう邪な下心を含んでいたから。

途中でやめるという選択肢は毛頭なかった。

下心パワーってすげぇなぁと今でも思う。

執念に近いよねある意味。

 

あと、かっちは褒める天才だと思う。

お味噌汁がしょっぱいと『疲れてるからちょうどいいわ~さんきゅーさん!』って褒める。

煮物が薄味過ぎると『今日昼が濃かったからこれくらいがちょうどいいの~』って褒める。

肉の味付けが濃いと『マヨネーズが超合うよ!ぐっじょぶぐっじょぶ!』って褒める。

バカが付くほど、甘やかされてた。

んで私もいい気持ちになり、会心のクリティカルヒットを出そう!と一生懸命になってた。

バカだったなぁ。

バカほど優しかったなぁ。あーね。

 

 

 

 

んで、迎えたバレンタインデー。

もう台所に立つのにも結構慣れた頃だった。

材料を買って、かわいいラッピングも買って、いざ。

チョコレートを目の前にした時に気付いた。

あ、ご飯とお菓子作りって、なんか違うぞこれ…と。

普通のご飯に計りなんてまぁ必要ない。

夜ご飯作るのに湯せんなんてまぁしない。

てかオーブンってどう使うんだっけ。

一気にパニックになった。

レシピを穴が開く程見ながらなんとか完成したチョコケーキ的なもの。

少し味見しても、美味しいのかどうなのか全くわからない。

不安で不安でしょうがなかったから、ラッピングの中に大田胃散を1包入れた。

 

そして夜、かっちに渡した。

かっちは『えっ!うそ~ありがとう!嬉しい!』と超大げさに喜んでくれた。

わかり易くそわそわしてたくせに。

私はかっちのそういうところがとても好きだ。

 

私が数時間前付けたリボンを、丁寧に解くかっち。

そしてチョコケーキ(的なもの)ドーン!

でもかっちは大田胃散の袋を見つけて大爆笑。

(ここにあるべきものじゃないものがある)ってことが妙にツボだったようで。

『俺こんなバレンタイン初めてだよ~www』って笑いまくるかっちを見て、つられて笑った。

 

 

チョコケーキ(的なもの)が本当に美味しかったのかどうかはわからない。

でも、褒めてもらって、もっと好きになってもらえた。

なにより、私のやることなすことで笑っていてくれるのが、幸せだった。

 

 

 

 

 

 

 

今こう、思いでをなぞってみて、作ろうかなって気持ちがむくりと顔を出してきた。

どうすっかなぁ。

直前まで、このどうしようは引き摺る。

どっちでもいいんだもんね。

かっちはどっちでも嬉しいはずだ。

 

 


にほんブログ村

いつでも半歩先を歩いてくれてた

記憶をなぞる

なぞる記5

 

検査入院の翌日。

退院の日。

この日はちょうどホワイトデーだった。

 

朝、かっちの病室に入って、昨日の検査の話や、『夜の病院ちょーこえーwww』みたいなどーだっていいような話に花を咲かせていた。

そこに、脳外科の先生がやってきた。

私が、かっちが、何か云う前に先生は云った。

『それがあまりよくない話で…カンファレンス室で詳しくお話させて下さい。』

 

 

私とかっちは顔を見合わせた。

これはまずい。

確実になにかとてもまずいパターンなのだろうな。と、お互い無言で感じていた。

 

そこにかっちのお義父さんお義母さんと私のお母さんも合流。

みんなで話を聞くことになった。

 

 

 

 

 

先生は、『脳の腫瘍は原発ではなく、これは肺からの遠隔転移かもしれない。』

と説明を始めた。

 

視界が一気にぐらついた。

お義母さんは泣き出した。

誰でもいいから助けてほしい とバカで愚かなことをずっと思ってた。

真正面を向けずに、自分の手元を見て、どうする どうする という思いだけが頭の中を駆け巡る。

隣で、表向き冷静に説明を受けているかっちの顔をちらりと盗み見した。

盗み見して、その後、膝に置かれたかっちの手を握った。

私が泣くのはナシだ。

私がうろたえるのもナシだ。

なぜかこの時、はっきりとそう思った。

 

 

兎に角、今のまんまでは肺と脳の腫瘍の関係性がまたはっきり出来ない とのことだった。

呼吸器科の方で造影CTを撮って、生検で病理に出そう という話になって、この日は病院を出た。

 

 

 

 

私の家系に癌の人は居ない。

昔は結核が多かった と聞いているが、癌の親戚などは見事に一人も居なくて。

居ないから、知らないから、だから遠隔転移ということがどういうことなのか、ちゃんとわかってなかった。

 

この日から、恐かったけど検索魔になった。

恐くて調べることが出来なかった様々なことを調べて、理解することから始めた。

あの、カンファレンス室で盗み見したかっちの横顔。

ちゃんとした受け答え。

かっちは不安を感じてない風で、それがどうにも取り繕ったものには見えなかったのだ。

じゃあ私が必要以上に悲観しちゃいけない。

半歩後ろから支える奴がベソベソしたらかっちが不安に感じるかもしれない。

 

だからやっぱり、私が泣くのはナシで、私がうろたえるのもナシだったのだ。

 

ほんと、よくやったよ。

自分の根が生粋のお調子者でよかった。

今はそう思う。

 


にほんブログ村