読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

指先の青

なぞる記8

 

3月24日にPET検査。

この頃になるとふらつきが激しくなってきたから、病院内ではもっぱら車椅子。

まさか私がかっちの車椅子を押す日がくるなんて思ってもみなかった。

そんな日がきたとしても、40年後とかの話だと思ってた。

29歳が39歳の乗る車椅子を押す光景。

周りの人からの目線がなんだかしんどかった。

被害妄想だって云っちゃえばそれまでだけど。

こっちの世界とは無縁だった我々。それは幸せなことだったけど、それ故になかなかきつかった。

 

 

 

翌日に入院。

手術を控えた入院。

2人で麻酔科の先生に話を聞きに行ったりした。

物理日記によるとこの日は私、病院から早く帰ったみたいだ。

(あんまり長いこといてもかっちに気を遣わせちゃうな)だって。

 

それから先、かっちは何度も入院をするんだけど、なんかのタイミングで聞いたことがあった。

ぼっち『私ずっと居て大丈夫?疲れない?』

かっち『なんで?ありがてえっすよ』

ぼっち『1人で居たいとかそういうのないの?』

かっち『ないなぁ~ぼっちがずっと居てくれれば楽しいからありがたいよ。でもぼっちが俺に気を遣って疲れちゃったらやだから、ぼっちに任せるよ』

 

この時も、時間が許す限り居ればよかった。

人生初めての検査じゃない入院。

手術。

不安だったよね。こわかったよね。やだったよね。

今記憶をなぞると、後悔ポイントや反省ポイントがてんこ盛りだね。

もちろんGJポイントや頑張ったで私ポイントもあるけど。

後悔しても、反省しても、何ににも生かせないのがなんとも。

なんともなのだ。

 

 

 

 

 

 

翌日朝9時。

かっちのお義父さん、お義母さん、お義姉さん、お義兄さん、私のお父さん、お母さん、私が病室に集まった。

みんなで手術室の前までついてった。

かっちは余裕ぶったポーズを崩さなかった。

みんなに心配かけることをなにより避ける。そんな男なのだ。かっちって奴は。

 

手術は長かった。

時間の感覚がわかんなくなるくらい、長かった。

わかりやすく落ち着きがなかったと思う。みんな。

手術自体は4時間で終わったらしいのに、麻酔がなかなか切れなかったらしく、実際かっちに会えたのは17時を周った頃だった。

お義父さんもお義母さんも私の背中を撫でながら『ぼっちちゃん!ぼっちちゃんが一番に入りな!』って云ってくれた。

私を先頭にして、カーテンを開けた。

かっちは私の名前をぼんやり、何度も呼んでた。

黄色 赤 青

カラフルな管がいっぱいかっちの体と機械とを繋いでいた。

手に付いてたのは確か青色。

青ごとぎゅっと握った。

がんばったね とか、おつかれさま とか、細かく覚えてないんだけど、多分そんなことを云いながら、手を握った。

 


にほんブログ村

ホワイトデーと2歩分の空しさ

ホワイトデーが過ぎた。

一昨年のホワイトデーは検査入院明けで第一の告知を受けたっけ。

去年のホワイトデーはなんかあったっけ?と思って秘儀 カメラロール巡り。

チョコケーキを2人で食べに行ってた。

んで、家でかっちの大好物リストに長いこと入ってる甘めナポリタンを作って食べた。

そんな世界中にありふれた、でも確実に楽しくて幸せなホワイトデーを送っていたようだ。

いいな。もっかいやりたいな。

目をつぶって思い返して、思い描く。

そうやってずっと眠ってたいなぁってわりかし本気で思うよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虚無感とか、喪失感とか、脱力感って、本当の意味でここまで感じたことなかったんだなぁってつくづく思う。

それはきっととても幸せなことで、恵まれた環境に自分が居たのだろう。

この歳まで温室&ぬるま湯でぬくぬく育ってきた。

だからあたりまえなんだ。

こんなに躓くの。

1歩ごとになにかしらのつっかえがあって、暫く立ち止まってしまい動けない。

 

 

そんな中、久しぶりにやってみたことがいくつかある。

久しぶりにお仕事をしてみた。

リハビリ というかお手伝いレベルで。

これがさぁ、ちょっと笑っちゃうくらいちゃんと出来て。

数字を取ってくるお仕事なんだけど、バカみたいに集中出来てさぁ。

自分が今まで出したことない売り上げを出した。

 

誘われてたバンドに加入してみた。

久しぶりに複数人とスタジオに入った。

久しぶりに最高音を自分の身体で出した。

久しぶりに重たい音の粒に乗った。

友達と直前まで電話してて、(なんかわかんないけどすごい緊張する)って話してたのね。

その友達がスタジオ終わりに(楽しめた?)ってラインを送ってくれた。

私は(楽しかったぁ)って返信した。

楽しかったのだ。

拍子がなんなら3回くらい抜けるくらい、楽しかった。

 

仕事が出来たこと、

スタジオが楽しかったこと、

びっくりして、また立ち止まる。

 

 

なんでだよwww立ち止まるなよwwwwwって思うでしょう。

私も思うわそんなん。

感情を追い抜いてしまったような感じ。

こうやって出来ることが徐々に増えてゆくんだろう。

増えてって、困らなくなる?

いまいち想像が出来ない。

 

わかっていることは、もう前の自分には戻れない。

戻れないなら、模倣すればよくね???

そんなことバカげたことを大真面目に考えてた。

カメラロールの中の楽しそうな私は明るい色の服を着て、明るい髪色して、楽しそう。

じゃあまず髪色かえよ!!!

って思い立って、すぐ髪の毛を染めた。

久しぶりに髪の色を抜いた。

大丈夫、なにやってんだろって自覚の元やってることだから。

だからきっと大丈夫。

春っぽい薄い水色のシャツを着てみた。

鏡の前で外側だけ、あのころみたいねって思った。

空しさって感情が、だんだん私に追いついてくる。

知らない間に追い抜いた感情に、ゆっくり鼻先抜かれて、また躓く。

でもこれも私が選んだ。

私が望んだ。

私が決めたんだ。

なにやってるんだろうねほんとに。

 

 

 

 

 

f:id:hitoribocchi17:20170318005200j:plain

BARのマスターからおすそ分けでもらったかわいい飴ちゃん。

 


にほんブログ村

気付くと自分の掌ばっか見ている

完全にただの日記。というか忘れないように用。

 

 

 

友達に聞かれた。

『ぼっちちゃんはどうしたいの?』

『どう成りたいの?』

『どう在りたいの?』

『自分のどういう部分が欠落していると思うの?』

 

洗いざらい とは云えない、少しの部分を話した。

私はかっちのいた頃の私至上主義過ぎて、今がなによりしんどい。

こんな小さなことで他人のことがいやになるんだ。

大概のことは笑って許せてた私が好きだったのに、

ひとつのことが自分の中で留まって許せないこと、いやなこと、イラっとすることが増えたの。

変わっちゃった自分と、器の小さい自分に悲しくなってバカみたいにへこんでしまうんだよほんとにまいるよね。

 

『無理をして、まだかっこつけしいで居ようと思っちゃってるんだよ。』

『無駄に足掻いてるだけなんだよ。』

私はこう云うしかない。

 

『でもぼっちちゃんは生きてる。』

『かっこつけしいで居ようとするってことはかっこよく在ろうとしてるってことだと思うよ。いいじゃない。』

『そのままでいいじゃない。全員から好かれようとしなくていいじゃない。』

 

(デリカシーない、いやなこと云っちゃってたらごめん)と謝るその友達の言葉が、ずっぱしきた。ズバズバきた。

良くも悪くも、刺された。

刺してもらった?

わっかんないな。

 

『彼はずっとぼっちちゃんに泣いて悲しんで苦しんでほしいって望むような人だった?』

そんなわけない。

そんなわけがない。

 

 

 

そんなわけないし、そんなことないってその友達もわかってるはずなのに、そんなことまで云わせてしまってごめん って小さく思った。

どこまでもふがいない。


にほんブログ村

脱力したら、腕を組んで

掃除をしていると懐かしいものばっかり見つけてしまうね。

懐かしくて、きらっきらしてて、当時の記憶が脳内に駆け巡る。

駆け巡って、あぁ懐かしいなって思って、力が抜けてしまう。

脱力したまま、前も後ろも向けないまま、もくもくと手を動かすことしかできない。

べそべそしながら、私はどうしたいんだろう ってとこからまだ動けない。

ぐるぐる思考停止。

してるふりして、実は停止してくれない私の脳みそ。

いっそ止まれ ってずっとずっと思ってるのに。

 

 

 

 

 

 

 

花が咲く季節になってた。

f:id:hitoribocchi17:20170313141114j:plain

ぼんやりと見てた。

季節は確実に流れてるんだなぁって当たり前のことを謎再確認をした。

最近どんどんからっぽになってく気がするよ。

どーでもいいかな って気持ちが今の私のほとんど。

どーでもいいかな じゃないか。

どーなってもいいかな か。

どう転んでも、なんにもないんだ。

転んだ先にただ私が用意した言い訳があるだけだ。

 

 

 

 

 

私が選んだ。

私が決めた。

そんな言葉自体、全部が呪いみたいにすら思えてきた。

 

 

 


にほんブログ村

(ずっと前からのおそろいだね)

CD類も片付けてた。

明らかにかっちの持ってたCDのが少ないんだけどね。

そこでまた、見つけた。

f:id:hitoribocchi17:20170309190122j:plain

同棲し始めの頃。

お互いのCDを各々ラックに入れてた。

私は(かっちはどんなCD持ってるのかな~)ってな好奇心から、かっちの持ってきたCDを眺めてた。

そこで見つけた。山崎まさよしの【HOME】というアルバム。

笑ってしまった。

被ったのだ。

嬉しかった から、笑ってしまった。

 

かっちに『見て見てwまさやん被ってるww』って笑いながら見せに行った。

かっちも笑ってた。

『俺ヤサ男の夢がすきなんだよね~w』

『私もその曲めっちゃすき!』

 

 

 

 

 

 

 

些細な共通点が異常なほど嬉しかった。

これから一緒に暮らしてって、どんどん些細な共通点は増えるんだよ。

増えて、笑って、肯定し合って、それがめちゃくちゃ楽しいんだよ。

youtu.be

 

 


にほんブログ村

言い訳カーニバル絶賛開催中

私は本が好きだ。

かっちは漫画限定で本が好きだ。

そんな2人が揃ったら、必然的に増えるのはやはり本。

うちは火を点けたら本当によく燃えるんだと思う。

ごうごうと、そらもうよく燃えるんだと思う。

大事に読んだ本。せっせこ集めた本。

処分しよう と決めてから1週間。ようやっと私の体が動いた。

から、一気にやってしまった。

 

 

 

 

一冊一冊手に取って紙袋やダンボールに入れてく。

全然そんなつもりじゃなかったのに、私はぐっしゃぐしゃに泣いてた。

泣きながら本を捨てる女 31歳。

なかなかにシュールである。

なんかもう手も涙もとまんなくって、がむしゃらに処分し続けた。

頭回ってなかったと思う。

けど、ちゃんとゴミ捨ての前夜に決行した。

だから思いつきじゃないよ。決して思いつきで捨てたんじゃないよ と、これからの私に対して言い訳をする。

そんなんばっかだ。

そんなんばっかで、なんとかかんとか周ってる。

周ってるのかな。

周してもらってるにすぎないのかな。

毎日。

一日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がらんどうの本棚を見て、

片付けの余韻でぐちゃぐちゃになった部屋を見渡して、

たちまち私の中もぐちゃぐちゃになった。

おいおい全然すっきりしないぞこれ。

それを体感するのはこれからの私なのだろうか。

なんで今の私ばっかこんなしんどいんだろうか。

かわいそうじゃん今の私。

これからの私はそんなにいいもんなんだろうか。

そんなにまでして守らなきゃいけない存在なのだろうか。

 

 

紙袋14個。でかいダンボール3個。

ひとりで運んで腕はもう本来の役目を失っていた。

んでまた、家から逃げた。

逃げ癖がついた。

ぐずぐずですよ。

捨てて、逃げて、今なにしてるかって云ったらまだ片付いていない部屋の端っこでこうやってパソコンに文字打ってる。

ひっちゃかめっちゃか。

とっ散らかり。

私の思考回路がわからない。

こわいよすっごい。

 

でも、それもこれも全部私が選んだんだ って、またこれからの私に言い訳する。

 


にほんブログ村

17:15ひとりごと

ここんとこ、おかしい。

おかしいのは日々だけど、また違ったおかしさ というか。

雑で、楽で、それを望んだのも確かに私なのに。

いつも最後にやってくる気持ちは(私こういう人だったっけか)だ。

いっつも答えのない自問自答しかしてないな。

 

かっちは、昔の私は、今の私をどう思うんだろう。

多分かっちは全部いいよ って云う。

きっと云う。しょーがないさ って。

昔の私は怒るかな。

悲しむかな。

同情するかな。

肯定してほしい。

認めてほしいんだよ。

認めたいんだよ。

こんな私も私だって。

明確な差異を感じる度吐きそうになる。

愛されていた記憶や、大切にしてもらってた思いでが体中でどうにかなりそうなんだ、今。

まだずっと悲しいし、まだずっと寂しいよ。

このずっとはずっと?

ずっとはずっとか。

きっとずっとこう。

かっちは黒じゃないのに、私の中の黒が消えない。

喪失感が抜けない。

こんな世界もういやなんだよ

何万回思って願ってもどーにもならないし、落ちるべきところに落ちてくれない。

落ちるべきところがみつかんないんだな。

 

 


にほんブログ村