読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

ビル風の強いあの街

住職さんと2人でお話させてもらった時に、

『立場的に慰めてはいけないのだけども、慰めたい。だって早すぎる と思う。歳もそうだし、結婚して1年そこそこというのも。でもさっき締めの挨拶をしていた中で、彼は家族を大切にしていたと云ってたけど、あなたにはそんな大切な家族がいる。みんなで手を取り合って、受け入れて、頑張ってこれからを生きてください。』

というような言葉をもらった。

 

締めの挨拶をさせてもらった時に、私は言葉を崩して話させてもらった。

一応調べてったんだよ。テンプレ的なやつ。

(喪主 四十九日 締め)みたいなので検索かけるとばーーって出るようなやつ。

それを話そうと最初は思ってたんだけど、ご飯の席で妹に、

『そんなのいらなくね?』って云ってもらって、途中から自分の言葉で話させてもらった。

 

すごくよかったよ。ってお義父さんに云ってもらえてとても嬉しかった。

 

 

 

まだ納骨はしていない。

分かってはいるつもり。骨だぜ ってのは分かってるつもりだし、私もお墓には居ないってそう思う。

理屈じゃないことって世の中多すぎる。これも多分そう。どう足掻いても理屈じゃないのだ。だから困る。

いずれは って気持ちはちゃんとある。でも今じゃないかなって気持ちひとつなだけ。

そんな気持ちひとつにみんな理解を示してくれて、どこまでも感謝しかない。

 

 

納骨はしてないけど、分骨(証明書いらないくらいの量のやつ)を供えたから、戒名を頂いた。

夜明け って意味が入っているものだと聞かされた。

 

 

 

出会った頃のことを思い出した。

 

かっちの話をもっとして欲しい、

かっちのことをもっと知りたい、

かっちの声をもっと聞いていたい、

でも私のことも知っていて欲しい、

そんな沢山の欲をぶつけた。夜通し。

だから沢山話して、満足してバイバイするのは大体夜明けだった。

 

それからは一緒にいくつもの夜明けを共にしてきたなぁ。

数え切れないや。

そんなこと思い出した。

 


にほんブログ村