読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

私は誰

なんだかどっときてしまった。

疲れたわけではない。今日何をしたかって聞かれたらすごく困る。

だって本当に何もしていないのだ。

 

 

朝起きて、ちょっと文字書いて、ベットに居たらすっかり寝てしまって起きたら外が暗い。

 

 

 

自分の身体じゃないみたい。

自分の脳みそじゃないみたい。

ずっと感じてる違和感。

私、こんな私を知らないよ 私じゃないのでは って奥の方で自分自身を真っ向否定している。

そんな感じ。

 

かっちは今私を見てどう思ってるのかなぁ。

すまねえな って思ってそう。

あと泣くな って思ってるだろうなぁ。

もっと弱音とか吐いてもよかったのに。

結局ただの一度も聞かなかったな。

かっちは病気が分かってから一切涙を見せていない。

私は2回。かっちの前では2回泣いた。

最後の旅行になった温泉宿で1回。

最後の夜になった病室で1回。

 

手術に挑む時も、術後の痛さも、放射線治療中も、抗がん剤治療中も、弱いとこを一切表に出さなかった。前向きで、ひたむきで、明るかった。

強かった。強くてずるい。

 

 

最後の夜にお互い本音で話せたんだけど、その時も前向きだったから、かっちの中で本当に弱さって感情はなかったのかもしれない。

それか、よっぽど私にそんな姿を見せたくなかったか。どっちかだ。

どっちにしろ強いよ。一生かかったって敵わない。

 

 


にほんブログ村