読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

プラチナにはまだ成れない

かっちと私が住んでいるこの街は、まぁそこそこな都会で、平日休日問わず毎日沢山の人が行き交っている。

 

昼の商店街、夕方のスーパー、夜の喫茶店、いつ何時でもそこには人が存在する。

こんなに沢山の人が居るのに、かっちは居ない。

どんだけ見渡しても、みつけられない。

それが辛くて悲しくて悔しくて、だからあまり外に出たくない、特に昼間は というなんともな子供じみた発想なわけで…と我ながら思う。

 

出られないわけじゃないし、家にこもっているとみんな心配する。

かっちが居なくなってから(かっちだったらどうするかな)とか、(かっちが今私を見ていたらどう思うだろう)とかを今まで以上に考えるようになった。

 

かっちは私に甘々だった。

私の望んだことは全部やってあげたいって思ってたと思う。

実際、私のしたいこと、やりたいことにはいつだって一つの返事を返してくれていた。

笑って、『やってみればいいじゃん』って。

行きたい場所があるんだ、見たい映画があるんだ、欲しい洋服があるんだ、

否定されたことなんか一度もなかった。

勿論、かっちの行きたい場所やしたいこと、それも全部やってきた。

私たちは狭い2人の世界の中で肯定し合って生きてきたのだ。

 

 

新しい洋服とか鞄を買ってくれば『おーーめっちゃかわいいじゃん!』

美容院に行けば『冒険したな~wでも似合ってる!』

ネイルを新しくすれば『春先取りww爪先明るくなったね~超かわいい!』

 

贅沢を咎めることなんか云われたことないなぁ。

ぼっちの可愛く在ろうって姿勢が好きだと云ってくれた。

 

 

 

 

 

私の周りの既婚、彼氏持ち女子はみんな旦那様や彼氏の愚痴とかを一切云わない ってか私同様愚痴のネタがない人ばっかだったので、集まるとそこは自然と(チキチキ!第一回旦那・彼氏のこういうとこが好きだぜ!100%惚気大会)の会場になってた。

みんなの歯の浮くような惚気を聞くのが好きで、それから、私のアホな惚気を聞いてもらうのが好きだった。

 

 

 

周りの人が比喩でもなんでもなくきらきらして見える。

自分の姿は見えない。

 

今、ももクロの(白金の夜明け)という曲が頭の中でずっと鳴ってる。

アルバムが出た当時も好んで聞いていた一曲だ。

 

多分甘い言い訳を私はずっと探してるんだろうなぁ。

 

 

www.youtube.com

 


にほんブログ村