読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

優しさも好意も気持ちも打算なしで返ってくる

かっちに救い上げてもらってからの私は変わった。

ALL自分還元な思考を優しくした。

でも根本的な部分ってのはやっぱ根付いていたから、0から変えることは出来ない。

他人に気を遣ってもらえる人になりたいから先に気を遣う。

他人に好かれるような人になりたいから先に好きになる。

他人に優しくしてもらえる人になりたいから先に優しくする。

前までの自分は後半の(先に~する)の部分が恐ろしく欠けていた。

まぁそれでも自分還元思考なわけだ。

 

かっちにはそんなの全くなく、まっさらで居られた。

勿論最低限の気は遣ってたし、遣ってもらってた。

かっちにだけは、自分還元の感情なく接していた。

素に限りなく近い状態の私の云ったこと、やったこと、話したことで笑ってくれたり悩んでくれたりするだけで、私は嬉しかったのだ。

誰でもいいわけじゃない、かっちが私で一喜一憂してくれるしてくれることに間違いなく喜びを感じていた。

みなさんもきっとそうだと思う。唯一なんだって思う。

 

これから先、私が生きていくと仮定して。どんな人たちに出会うのか、どんな思いをするのか、どんな人間になっていくのか、それはまだ分からない。

けどかっちが嫌がりそうなことはしたくないなぁ。

かっちの苦手そうな人には成りたくないなぁ。

想像力が著しく欠如している状態で考えられる何ヶ月か先 って、漠然とこんな感じにしか思えないね。

自分軸なんてもうとうに壊れてると思う。

 

 


にほんブログ村