読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

涙と嗚咽の理由

無事、かっちの実家まで行って帰ってこれた。

昨日は2回目の月命日だった。

お義父さんが白内障の手術をしたばっかりだって聞いたから、ちょっと顔見たかったのもあったし、お墓にも行きたい。

あとはちょっとだけ自分自身だけで無理がしたい。

そう思って、

①車でかっちの実家まで行き

②お義父さんお義母さんを乗せてお墓まで行き

③東京に戻ってくる

という初・車ぼっち+まだまだ免許取得1年ちょいの初心者な私にとって(ちょっとだけ無理をする)にぴったりなミッションを月命日に掲げて、行ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

いつものレンタカー屋さんで車を借りる。

電話で『ちっさい乗用車で!』と伝えておいたのだが本当に小さい。

免許を取って半月後、1番最初にかっちの実家に帰った時に軽を借りたのだが、翌日肩こりが大変なことになったので、それからは毎回小さな乗用車にしていた。

(この時の里帰りは【デス☆ドライブ】と我々2人の間では名付けられている)。

 

 

当たり前だけど、1人なんだなぁ。

走り始めは正直恐さより、不安より、違和感の方が強かった。

なんで私免許取ったんだっけ。

かっちの里帰りを楽にしたかったからだったよなぁ。

でも私今1人じゃん。

助手席にかっちの写真を乗せてはいる。

きっと居るんだろう。

居てまた心配してくれているんだろう。

けど、やっぱり私は小さな車内に1人で。

1人なんだ。ぼうっとしてたらダメだ。って思ってからやっと恐さや不安が追いついてきた。

 

 

 

行きは渋滞に巻き込まれることなく、スムーズに高速を降りることができた。

道も間違ってないぞ、よしよし、いけるいける。なんだ、思ったより楽勝じゃん。と自分自身を褒め称えモード全開だった。

 

かっちの実家に着くまであと10分くらい?より見慣れた道に出たところで、急にぽろぽろと涙が出てきた。

いきなりすぎてびびった。

どんどん涙出てくるし、一度咳払いをしたら声も出て、なんだこれ、止まらない、どうしよう ってなった。

漫画みたいな涙と嗚咽が止まらない。

落ち着け落ち着け、とまれーとまれーと暗示をかける頭や精神状態は至って通常状態だっただけに、余計理解出来ない状況だった。

 

少し時間をかけてこの謎の涙と嗚咽をなんとかしようと思って、よく2人で寄ってたコンビニに車を停めた。

泣きながらコンビニで冷たいカフェオレを買った。

ハンカチで口元隠しながらだったけどさぞかし不審だっただろう。

パートのおばちゃんメンゴ。

車に戻って、カフェオレ飲んで、なんだなんだ、どうしちゃったんだ私。

順調に来てたやないか。あともうちょっとやで。がんばりーや。

と、なだめモードの私(なぜか脳内はエセ極まりない関西弁)。

 

 

 

 

悲しいとか、苦しいとか、寂しいとか、悔しいとか、しんどいとか、時には嬉しいとか、流す涙は大体、ざっくりとした意味を持っていた。

少なくとも今まで30年生きてきて、私が過去に流してきた涙はそうだった。

 

かっちの闘病中も私は1人でとことん泣いてきた。

いつもお風呂場で。

かっちが居なくなっちゃってからも、私は1人で泣いてきた。

家中そこいらで。ベッドで。仏壇の前で。リビングで。パソコンの前で。勿論お風呂場でも。場所や時間関係なく沢山泣いた。

でも全部感情発信だった。

悲しい苦しい寂しい悔しいしんどいの感情がそれぞれにあった。

自分の感情を完全に無視して流れてきた涙は初めてだったと思う。

なんでなのか、どうしてなのか、今の自分には分からないし、正直疲れてるから今考える気にもあんまりならない。

無事着けそうだなぁよくやった自分 ってテンションだったのにあの涙はなんだったんだろうか。

 

涙と嗚咽が止まってから、お義母さんに(もう着きます)って電話をかけた。

 


にほんブログ村