読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

風邪っぴき、慰安旅行に行く

無事に会社の慰安旅行に行って、帰ってこれた。

 

 

 

正直云うと、ほんっとぎりぎりまで悩んだ。

風邪引いてたし、微熱とはいえ熱も完全に下がり切ってなかったから。

それでもリュックに着替えとか化粧品、充電器に薬、のど飴を詰めて準備万全。

なのにやっぱりふらふらする。気持ちも体も。

 

14時に家出なくちゃいけないのに、13時50分に社長に(やっぱいけないです)って電話をかけた。

玄関で。靴履いたまんま。

体調のことが一番念頭にあったけど、それが理由にもなるよなぁってちょっとずるい気持ちもあった。

(行きたかったけど、風邪を引いたからしょうがないよね)って言い聞かせたかったんだと思う。自分にも、周りにも。

 

 

まぁ、そんなことはまるっとお見通しだったんだな。

(いい風邪薬持ってきたんだがらとりあえず来いよ、絶対じゃないけど、来た方がいい!!!)って強く云われて、半ばどうにでもなれ精神で東京駅に向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から云うと、行ってよかった。

行けて本当によかった。と心から思う。

久しぶりの団体行動、久しぶりの顔たち、久しぶりの新幹線、久しぶりの旅行。

これでもかってくらいの久しぶりにまみれながらだったから、みんなと会うまで不安で不安で仕方なかった。

でも結果、みんなでわちゃわちゃ楽しく笑って過ごせたし、個別に何人かとはゆっくり真面目に話す時間も余裕も、この旅行にはあった。

 

私はみんなが好きなのだ。

好きだから、自分が勝手に変な距離感とか感じてしまったらやだな とか、

丁寧に扱われすぎたらどうしよう とか、

そんなしょうもないことを考えていたのだ。

でも全くそんなことはなかった。

すっごい笑ったし、夜は酔っ払いすぎてちょっと泣いちゃった。

けど総じて楽しかった。

 

いい会社だなぁ、やっぱり好きだなぁって改めて思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家に帰ってきて、真っ先にかっちコーナーの前で蝋燭に火を灯した。

その時に、(無理してでも行けてよかったなぁ)って自然に思えたことが何より嬉しかった。

お土産話を沢山聞いてもらいたいよ、かっち。

 


にほんブログ村