読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

3Aの男と、(私ちっとも大丈夫なんかじゃない)

ちょっと前まで思っていたこと。

心掛けたいなぁと思っていたこと。

(かっちの嫌がりそうな人にはならないようにしよう)

これに尽きる。

 

 

でも、正直今の私は私史上最も(知らない人)に近い。

何いってんだか自分でもよく分かってはいない。

思いつきでここに綴ることを許して欲しい。

だからいつも以上にとっちらかった文章になると思う。

もうなってるか!メンゴメンゴ。

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の自己中心的な私も、かっちと出会って手に入れたええかっこしいな私も、

私は私を知っていた。

そりゃあ分からないこともあったし、自分のことが一番よく分かってなかったのは昔からそうだ。

でも、そうじゃあなくって、素直に自分がピンチだなぁって時は察知出来たし、客観的に自分のことを少しは、ほんの少しは見れていた(と、思う)。

 

でも今、本当にまっさらなの。

自分のことを客観視しようとしても、ただのくよくよしたグズな30歳の女なんだ。

人からどう自分が見られているのか、好かれているのか、興味を持ってもらえているのか、はてさて自分の言動でいやな気持ちになっている人がいないかどうか、

 

そんなことばっかり気にしていた自分が、今、清々しいくらいになんもない。

 

 

私のやってきたことって、(自分)と、(自分の創るもの)に興味を持ってもらえないとスタート出来ないようなことばっかりだったから、そこに多少の自信はあった。

だからずっと前から私を見てきた人は私のことを、自信家で、勝気で、生意気で、自分のことが好きで、毎日楽しいんだろうなぁ とか思ってたと思う。

実際そうだったしね。毎日すこぶる楽しかった。

 

 

 

でも今の自分まじでなんもないの。

あれだけあった根拠のない自信とか、意欲とか、愛情とか、執着とか、ないの。

眩しいものみると目が潰れそうになる感覚を、何度も味わった。

この短い期間に、何度も何度も味わった。

味わいすぎておかしくなったんかな?って思った。

全部かっちが隣にいたから、私は安心してあちこちに冒険出来ていた。

帰る場所が明確に在る人間の強みだ。

どんなに打ちのめされても、へらりと大丈夫って笑えてた自信があった。

 

 

 

 

 

かっちと出会った当初、そう、私の熱烈かっち信者時代(やや黒歴史)である。

かっちはこんなことを云っていた。

 

『俺は3Aの男に成りたい。』

 

なに?クラス?的にすっとぼけていた信者の私。

3Aの内訳を聞いてみた。

『安心、安定、安全の3Aだよ!!!』

屈託のない笑顔で彼は云い切った。笑顔が眩しかった。ほんとに…w

30代前半でそんな守りに入った男を目指すなんて…流石教祖さま、逆に深いぜ…

なーんて思っていた。本気で。

 

かっちは私からしてみたら、もうその時既に3Aの男だった。

こんなに安全な男が他に居てたまるか。

こんなに安定…安定はもっと他にもいる かもしれない。

でも、なによりこんなに安心な男が他に居てたまるか。強く思った(信者乙)。

 

そう告げたけど、お付き合いが始まってからも、籍を入れてからも、

かっちは変わらず、私の3Aで在り続けてくれた。

 

 

 

 

かっちと私は喧嘩というものをしたことがない。

意見が割れそう、割れた時は、ゆっくりお互いの方向に椅子を倒して、

『はい、会議しまーす』で、ディベート・プレゼン大会の始まりだ。

少なくとも私には、かっちに対する不満や不安がこれっぽっちもなかった。

多分かっちにもなかった。だから、日常生活で揉めるなんてことがただの一度もなかったのだ。ネタがなかった ともいう。

 

1回も感情剥き出しでぶつかってこられたことなんてなかった。

1回も感情剥き出しでぶつかったことなんてなかった。

いつも話し合いで、途中で笑っちゃったりして、それでなんとかなっちゃってた。

それが、今となっては妙に。

だって思い出すこと全部楽しいことなんだよ。

闘病中は辛い、悲しい、苦しいこともあったけど、それ以前の思い出す顔は全部全部笑った顔で。

嘘っぽいじゃん。こんなん本で読んだりしたら(盛ってる盛ってるww)とか穿った目で見てしまいそうなのに。

 

なんだ。妙になんなんだ。

悲しいのか。悔しいのか。苦しいのか。嬉しいのか。誇らしいのか。

全部だ。感情剥き出しのみっともない喧嘩出来なかったことが、悲しいし悔しいし苦しいしでも嬉しいし誇らしい。

 

でもそれは今ここに私だけしか居ないから。

私だけしか居ないから、そう思うのであって。

結果論っていったらそれまでなんだけど、まさにそうだ。

お互い、大きな音とか声が苦手で、べらぼうに平和主義なだけ。

そんな夫婦がいましたよ ってだけ。

そんな結果と事実だけ。

それだけ、今もこの2Kの部屋にぽんと置かれた状態。

 

 

 

今の私はなんなんだろう。

誰なんだろう。

かっちはどう思うんだろう。

 

 

そもそもなこと云ってもいい?

バカなこと云うかも。

今の私って既婚なのかな…(不安)。

籍ってか名前はかっちの苗字なんだけど、配偶者の有無を問われたらそれは(無)なんだよね?

意味わかんなくない???

いや、(私の心の中に居るから有 なんですぅプンスコ)とかをやりたいわけじゃなくって、

ふと思った疑問。

未婚?既婚?

調べてみようかなぁ。気が向いたら。

 

気が向いたらとか云ってたらなんかずっとそのまんまな気がしてならないから、調べときます。うん。

てかざっと読み返したら本当にとっちらかった文章。読みにくいのに最後までありがとう。

f:id:hitoribocchi17:20161106235915j:plain

 

 

 


にほんブログ村