読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

時間よとまれ

この1時間がなによりしんどく思えてきた。

 

23時台に乗ると、私の誕生日の時はかっちが、かっちの誕生日の時は私が、異様にそわそわじ出す。

何度経験したってそれは毎年の楽しい行事。

お互いがお互いのお誕生日になった瞬間。

0時を迎えて歳をひとつ重ねた瞬間に全力の『おめでとう!!!』を云いたい のだ。

 

 

 

 

 

 

誕生日によく、ちゃけてやっていたかっちぼっちルールがある。

(誕生日の人はもれなく王様ルール)である。

なんとも捻りのないネーミングセンスだ。

かっち『ぼっちのお誕生日だから、何でも云っていいよ!俺今日奴隷ね~www』

ぼっち『えーじゃあなんかおもしろいことやって!』

かっちが一発芸を披露。

冷静に考えればさほど面白くないことなのにアホほど笑う。

 

 

こんなバカみたいな遊びを1年のうち2回やっていたのだから、我々は真性のバカなんだと思う。

でも楽しかったなぁ。

毎年毎年。

守られて、助けられて、時には支えて。

刺激的なことはぶっちゃけかっちと居ると皆無だ。

でも、ほんとに恋に刺激っている?と私は思う。

私は、そのまま、かっちの創る優しい檻の中で飼い殺されたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寂しいよ。

会いたいよ。

声聞きたいよ。

触れたいよ。

頭撫でてほしいよ。

笑顔が見たいよ。

思いを共有したいよ。

(泣かないでよーーもうーw)って云ってほしいよ。

一緒に歳を重ねたいよ。

もうこれ以上時間が進んでほしくないよ。

時間が止まってほしいよ。

ここにいてほしいよ。

生きててほしいよ。

会いたいよ、ほんとに、かっち。

 


にほんブログ村