読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

5:02ひとりごと

お腹が痛い。

今日頑張って夜ご飯にカップラーメンをひとつ食べようとした。

結果は半分ちょい。

そして今腹痛なのである。

まだまだ一日三食コースへの道のりは険しく、遠い。

シャンプーしていると抜け毛がすっごい。

元々髪の毛とか頭皮がおもいっくそ丈夫で、量も多かったので目立つことはないが。

それでも両手いっぱいに絡まった髪の毛を見ると不安にはなる。

栄養不足?ストレス?

なんかもうよくわかんないね。

体調不良の時もそうだったように、心当たりなんてその辺に転がってる。

昨日は薬が効き過ぎたのか、ずうっと眠っていた。

一歩も外に出ないまま、気付いたら月曜日が終わっていた。

そのままずうっと起きたくない欲はまだある。

これから先、それは消えることあるのかな?

わかんないけど。

今すっごくひとりになりたい瞬間と、人と話したい瞬間が交互にくる。

分かり合いたいとか共有したいなんて思わない。

人に話して、人の話聞いて、交わることがなくてもそれでいいと思う。

でもそんな最中にもきっと(あーひとりになりたいなぁ)って考えちゃうんだろうな。

って考えるとうんざりする。

自分の自分勝手さに。

なんてわがままなやつなんだ!と。うんざりする。

想像の中の私は酷い。

想像の中の私を忌み嫌う私も酷い。

どっちも今はいやだ。

前向きな私と、後ろ向きな私と、ここに留まろうとする私が一本道でわちゃわちゃしているだけ だ。

遠くから見れば、ただそれだけのことだ。

それだけのことが、今は重くて苦しい。

胸にずっと子犬くらいの重さの何かが乗っている。

これ数ヶ月前からずっとなんだけどなんなんだろうね。

そこまで気にしてなかったけど。

気にし出すと更に重くなって、苦しくなる気がする。

子犬かかっちだったらいーのになー。

かっちこんなに軽くないか!

58キロの子犬なんていないね。

かっちあれ好きだったなぁ。なんだっけ。羊追う犬。

シェットランド・シープドッグだった。今調べてきた。

昔実家で飼ってたんだって。

将来飼えたらいいねぇって話してた。

うちの近くに外でその犬が飼われててさ、通る度にちょっかいかけてた。

いつの間にか居なくなっちゃってて、外に家の人出てきた時に聞いたら死んじゃったんだって。

すごく悲しかった。

でもそれくらいだったよ。死って。

それくらいなもんで。

ずっと遠い場所にあった。

犬死んだ って聞いても、その時は悲しいけど。

そもそも自分が飼っていたわけじゃないし。

ご飯食べる頃になったらなんとなくもう忘れているし。

日曜日どこいこっか!みたいな話にすぐなるし。

今日こそは最終フェーズまでいくぞ!ってゲーム楽しめたし。

そんなもんだったよ。

ずっとそんなもんであってほしかったんだけどね。

もっとずっと遠い場所のまんまがよかったんだけどね。

告知されてから自分たちが寄ってったんじゃない。

向こうからグンと距離を詰められた感じ。

なに云ってんだろ。

でも、それからはあっという間で。

希望は最後まであった。

かっちが居れば悲しくなっても何度だって希望を見つめることが出来た。

CTで一喜一憂。

血液検査で一喜一憂。

MRIで一喜一憂。

検査と問診と抗がん剤で何度も何度も上がったり下がったりを共にしてきた。

でも全部隣にかっちが居たから。

遠かった場所が一気に近くなっても、ここに居るんだもん。まだそこには行かせないんだから って気持ちひとつで何度も強くなれた。

かっちはひとりなのに旦那、恋人、親友、兄、教祖、理解者、これだけの役割を兼ねていてくれた。

改めてすごいなぁ。

すごいんだよ、ほんとに。

死んじゃうのずるいよ。

あーあずっと云わないように心がけてたことついに云っちゃった。

最悪。

最悪だ。

やだやだ。ごめん。

もう云わない。ごめん。

 

 


にほんブログ村