読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

どーでもいい話をだらだらとしたいだけ

どーだっていい話。

最近とても水の中での居心地が尋常じゃないくらい、好い。

 

お風呂の時間がとても長い。

 

ミルクの入浴剤をどばっと入れて、

本を片手に暫く浸かる。

途中で持ち込んだお茶をひとくち、ふたくち。

本と、頭に巻いていたヘアバンドを外に出して、

頭からズドンと浴槽に沈む。

河童みたいな髪になりながら、何度もそれを繰り返す。

両手で、入浴剤に染められた真っ白い水を掬い上げて、ゆっくり溢す。

ずっとそれを見てると、まっさらになる。

やっているのは私なんだけど、遠くから見ている感じ。

夢の中の光景みたいな感じになるのだ。

 

毎回の入浴タイムがこんな時間をすっとばした感じになるから、おかげさまで体はふにゃふにゃだ。

 

シャンプーも体を洗うのも、全部最近は浴槽の中でやってしまう。

アメリカ人よろしくスタイルだ(アメリカの人って本当にこうなのかな…)。

あわあわになってく真っ白な水。

体が、シャンプーなのかコンディショナーなのか、ボディーソープなのか、もうよくわかんない泡まみれになってく。

それがすごく気分好い。

いつも以上に感覚だけで今日ブログ書いてるから、まじでわけわかんないよね。メンゴ。

自分でも何かいてんだかわかんないや。

なんか、ずっと浴槽の中にいたい。

そんな思いだけで書いてるからそらトンチキな文になるね。

 

 

かっちともね、たまに一緒にお風呂に入っていたよ。

でも恥ずかしいから、電気を消してたなぁ。

かっちは長い時間お湯に浸かっていられない派だったから、最初にちょっと一緒に浸かって、どーでもいいような話をして、浴槽から出て体を洗ったりしていた。

私はお湯に浸かりながら、シャンプーしてる最中のかっちにお湯かけたり、妨害ばっかしてたなぁ。

ちょっとした怒り方がかわいかった。

(もー!)みたいな。

全然怒ってないの。

やり返されて、めっちゃ笑って、お湯のかけっこするの。

だからお風呂から出ると2人して超疲れてるの。バカだなぁ。

かっちは冷たい午後ティー飲んで、

私はリプトンのミルクティー飲んで、

眠るまでの間、ゲームしたりアニメ見たり映画見たり本読んだり。

普通の生活してた。

そんな穏やかな日常だった。

ほんと、ずっと一緒だったからさぁ。

どこにでも居るんだよ。

気を緩めても、気を張っても、いつもどこにでも居るんだよ、かっちが。

楽しい気持ちになって、寂しくなって、かっちはどんな気持ちだったんだろうって考えて、そんでやっぱかっちも楽しかったよなぁって頷いて、でもだからこそ、余計に寂しくなる。

 

 

頭では分かってること、理解出来ていることなのに。

気持ちはどうしたって自分に振り回されて、疲れる。

苦しいのに苦しいって思われたくなくて、

でももう平気なんですうなんて云ってやりたくなくて、

周りの求める私で居てやりたくなくて、

でも(かわいそう)って、(私だったら耐えられない)とか思われたり云われたくない。

耐えられないよ、私だって。

平気じゃないよ。

普通じゃいらんないよ。

毎日泣いてるよ。

でもそれ云わなきゃいけないの?

なんで?

云ったら、かわいそうだって思うでしょう。

そらそうだ。かわいそうなんだもん。

もうどう思ってもいいから、私にわかんないようにしてほしい。

気持ち透けさせないでほしいなぁ。

それともあれかな、被害妄想の一種なのかな。

過敏になりすぎているのかな。自分が。

やだなぁもう。

 

 

 

 


にほんブログ村