読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

地球最後の雨と地球最後のキス

昨日はブログ書いた後、また暫く音楽聴いて、ふらふらとベッドに入った。

深夜2時とか3時くらいに急な体の異変で目が覚めた。

 

 

体中が痛くて重くてなにより熱い。

これは熱出たかなぁ。

そう思って体温計を脇の下に差し込んだ。

 

(計り終わったで!)をお知らせする音。

引き抜いて思わず体温計を二度見した。

38度7分。

ん?

38度7分。

そう、何度見たってそこには38度7分の数字。

 

いきなりアホみたいな高熱を叩き出してしまって焦る焦る。

でも今はド深夜。

焦ったところで何も出来ない。

てか熱あるあるなのかもしれないけど、うわぁ思ったより高熱だった!を目の当たりにすると、更に具合悪くなるよね?

あるあるだと信じたい。

 

冬用のもこもこパジャマの上に無理やりオーバーサイズのパーカー着て、

マスクして、冷えピタ貼って、寝ちゃおうと思った。

 

だから昨日あんなに頭ぼうっとしてたのかなぁ。とか、なんか色んなことふわふわ考えてた気がする。

 

 

 

 

 

朝8時頃起きた。

体の痛みと重みとだるさは変わらず。

これインフルなんじゃないかって思った。

あれ、インフルって発症してから何時間後に検査出来たっけ…

携帯で調べるのもだるい。

てかなんか気持ち悪さがプラスされてるような…

とりあえず病院行こう。

ってことで病院へ。

 

 

 

検査待ちをしている長いベンチ。

その前に【インフルエンザの予防接種しようぜ!】的な張り紙が貼ってあった。

去年はあれだな、かっちと一緒に受けに行ったなぁ。

化学療法室の看護婦さんに打っていいタイミングを聞いて、2人で予約して打ちに行ったなぁ。

なぜか私だけ赤く腫れちゃって、痛くなってやだったなぁ。

氷持ってきてくれたり、冷えピタ貼ってくれたなぁかっち。

ふふふ。

みたいなことを、張り紙見ながらぼんやり思い出していた。

熱に浮かされながら、思うこと考えること縋ること。

どこにいてもかっちを軸に私は周ってるみたいだ。

 

 

 

 

長い麺棒を鼻にヴェン!って突っ込む検査は1分程で済んだ。

もっと優しい検査方法はないのかと毎度のことながら思う。

結果は陰性だった。よかったよかった。

解熱剤とアレルギーの薬と、炎症を抑える薬を貰って帰宅。

インフルが陰性だったとしても高熱で体力は奪われ、もうふらっふらだった。

 

家に着いて、ゼリー食べて、薬飲んでちょっとだけ眠った。

起きてびっくり。

体の重みがほぼない。

体温計で熱を測ってみたら37度5分まで下がっていた。

解熱剤ぱない。

まだちょっとのだるさは残っているけど、今日の朝と比べたら全然大したことない。

こんな一日。

熱に浮かされて、ぼうっとMAXだった。そんな一日のこと。

 

 

 

でもほんと、体弱くなったなぁ。

毎月どっかで体調崩している気がする。

なに云ってんだよって話だけど。

私はかっちに甘えたいんだと思う。

こんな自分がすごくやなんだけど、完全否定出来ないから困った話だ。

www.youtube.com

久しぶりにpicnic見たくなった。

ちょっと眠った時に夢に出てきたから。

 


にほんブログ村