読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

灯と一緒に揺られてたいだけ

今日はかっちの4回目の月命日だった。

4回目だって。

4ヶ月ってことなんだな。

ピンとこないのは相変わらず。

 

かっちと私は多分、一緒になってから最長で3日間くらいしか離れたことがない。

その理由も自分のライブで地方に行ったりとか、そういうようななんてことない理由。

勿論、お互い実家に帰ったり、私が友達んちに泊まりに行ったりとか、1泊や2泊の別行動はざらにあった。

ツアー中だったかのその3日間は、本当に寂しくてしょうがなかった。

私は毎日ライブでかっちは毎日仕事(土日だったような気もしないではない)。

夜中に電話を毎日してた。

たかが3日で。

それが今じゃ4ヶ月だってよ。

何周か周ってそりゃピンともこないだろう。

って無理やり納得させることからスタート。

やーだーねー。

 

 

 

 

 

 

今日はなにをしようかなぁと考えようもんにも私は病み上がり。

とりあえず、いつものことだけど花を買った。

くたってきたら花を買う。

うん、やっぱりいつものことだ。

いい加減花屋のお兄さん2人の顔を段々覚えてきた今日この頃。

f:id:hitoribocchi17:20161130210718j:plain

バラを買った。

オレンジとか黄色がかっちの好きな色。

そんで、私も好きな色だ。

可愛かったから白いバラも一緒に買った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道、靴屋さんに寄って靴を磨いてもらった。

今年に入ってからかっちに買ってもらったマーチンのローファー。

私とかっちはマーチンが好きだ。

えんじ色のブーツはかっち3代目、私2代目ともう長いことリピートして使っている。

黒いショートブーツ、緑のショートブーツ、黄緑のロングブーツ、白と黒のローファー。

 

なんでもない日に、なんでか買ってもらったんだよなぁ。

たまにかっちは私にそういうことをする。

記念日でも誕生日でもクリスマスでもないのに、なんでもない日にプレゼントをくれる。

アリスかよ!って今なら渾身の突っ込みキメられるのになぁ。

 

思いつきで、ローファーを磨いてもらうことにした。

f:id:hitoribocchi17:20161130210618j:plain

f:id:hitoribocchi17:20161130210619j:plain

f:id:hitoribocchi17:20161130210620j:plain

ぺっかぺかが嬉しくて、何枚も撮った。

これからも大事に履かないとな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰って、花を変えて、蝋燭に火を灯して、結構長い時間そうしていた。

そうしていた っていうのは、かっちコーナーの前でただ私が喋っているってだけのことだ。

 

(ここ)はこんなにまでして居なきゃいけない場所なのかなぁ。

1日をただ生きてるってだけですっごい頑張りが必要なんだけど。

(ここ)はそんなに頑張ってまで居なきゃいけない場所なのかなぁ。

笑える分、話せる分、前よりずっとしんどいよ。

いつもちぐはぐなんだ。

きっといつもちぐはぐなんだ私。

もう戻らないね。

かっちがそのままなら、戻りたいとかって思わないよ。

大丈夫。

とことん潰されるって決めたし。

 

 

蝋燭の灯が忙しなく揺れるのを、ずうっと見ていた。

私のちぐはぐな気持ちみたいだなんて思った。

1日に何回も(瞬間的な限界)が訪れるんだ。

イメージ図は嘘発見器みたいな。

瞬間、針が大きく振り抜ける。

その瞬間限界がくる。

んで、少し経つと元に戻る。

時には緩やかに。時には急に。

忙しいなぁ。

忙しいくせに、感情は全然沸き立ってくれなくなっちゃった。

 

 

 

 


にほんブログ村