読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

眩暈

リアルタイム。

今病院から帰ってきて、ひと段落。

 

一昨日からまた眩暈が酷くなった。

歩けるし、外にも出られるけど、座ってても横になっていてもずっと世界が揺れ続けている そんな感じ。

もういい加減、これもなんとかしなきゃいけないなぁと思って、ネットで近くの耳鼻科を調べた。

 

 

 

おじいちゃん先生がひとりでやっているという、なんかよさげな病院がヒットした。

めちゃくちゃ近所だし、行ってみることにした。

 

入ると、なんとも懐かしい感じの匂い。

昔ならではの耳鼻科!って感じだ。

私、中学生の時に(音声異常)と診断されて、少しの間耳鼻咽喉科にお世話になっていたことがあるのだ。

一列に並んだ吸入器を見て、なんとも懐かしい気持ちになった。

 

 

わりかしすぐ、名前を呼ばれた。

やたら(この先生こそが名物!)だと口コミに散々書かれていたであろうおじいちゃん先生に、いきなり『横になって!』と促される。

椅子をおじいちゃんがふうふう云いながら倒す。

椅子の頭部分をフンっ!ともぎ取った。

わーお、なんてアナログなんだろう…。

看護婦さんとかが補佐に入らないんだ…すごいな…。

なんて思いながら、まずは眼に異常がないか調べられた。

 

異常なし。

その後に『眩暈はさぁ薬ないかんね!大体ストレスだからね!ハハハ!!』と豪快に笑うおじいちゃん先生。

えええええ薬ないんか!!

衝撃の事実発覚である。

 

 

机に向かってなにか書いている。

そんで、『有酸素運動をしなさいな』と云われた。

薬1週間分出しとくけど、よくならなかったらまた来てね!と。

薬あるんかーーーい!!

ちょっと笑ってしまった。

その時にもらった紙がこれ。

f:id:hitoribocchi17:20161221125023j:plain

 

『僕はね、眩暈の専門医ではないから、専門医の人が書いた本をコピーして患者さんに配っているんだ。』

と。

ありがたいこったい。

でも右のほう、文字が薄くなっててすこーーし読めない事案…これもご愛嬌だ。

 

それから、(良性発作性頭眩暈)かもしれない と。

帰ってすぐ、調べてみたら確かに特効薬はないらしい。

治し方はあるけど、1回やっちまうと何度もなるみたいだ。

気長に付き合ってくしかないヤーツなんだと知った。

 

 

薬を飲んで、今こうしてブログを書いている。

わかってたし、自覚もあったけど、どうしたって身体も精神もボロボロ。

おじいちゃん先生がとても面白かったから、なんかまだ辛うじて気分的に救われてる感じだ。

特にあのアグレッシブに椅子の頭もぎ取った瞬間のことは、誰かに躍動感たっぷりで話したくてしょうがない。 

 

 

そんな、なんかようわからんリアルタイム話。

全部おじいちゃん先生に持ってかれたなぁwww

 

 

 

 

 

追記

おじいちゃん先生は紙に(良性発作性頭眩暈)と書いていたけれど、

正しくは(良性発作性頭位眩暈)みたいだ。

なんて読むのか疑問でしょうがなかったけど、(りょうせい ほっさせい とうい めまい)が正しいみたいで、謎が解けたwww


にほんブログ村