読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

牡蠣にはなれない鍋焼きうどん2

何かを云おうとしても、詰まって嗚咽しか出なくなってしまった。

お母さんはずっと背中をさすってくれて、お父さんは『ゆっくりでいいから何でも云ってくれ』と待っていてくれた。

 

 

お茶を飲んで、少し落ち着いてから、もうあまり使い物にならない思考回路でなんとか言葉を出した。と思う。

23日に感じた壁の話とかを、まとまってない言葉で話した。

相槌を打ってもらいながら、牡蠣までの流れをなんとか説明した。

 

 

 

本当は私そんなに達観してないし、そんなに出来た奴じゃない。

そういう自分に成りたくてやってたけど、やっぱ無理だったんだ。

毎日どっかしらのタイミングでべそべそ泣いてる。

かっちが死んじゃったのは分かるけど、悲しくて悲しくて辛くてどうしようもない。

体も自分の体じゃないみたいに、不調だらけだ。

ベビー用品店も辛かった。

みんなの仕事の話も辛かった。

妹と妹旦那ちゃんの将来の話とか、子供の話とかも、全部全部いやで、辛かった。

私は今まで親や妹に対して(羨ましい)って感情になったことがなかったけど、

今は全部羨ましいんだよ。

お父さんとお母さんがちっさいことで喧嘩してるのを見て(いいなぁ)って思うし、

妹と妹旦那ちゃんが『温泉行ってきた~』とか、将来の話をしているのをみると(いいなぁ)って思うし、

そんなこと思う自分がすごくいやなのに、思うことを止められなくて、また自分がいやになるんだ。

 

これ以上のことも云った。

きっと云った。

泣きながら云った。

全部受け止めてくれた。

その後、みんなで暫く長い話をした。

それぞれに抱えるかっちへの喪失感。

私の親が抱える辛さ。

私の親が抱える苦しさ。

私の親が感じる無力さ。

 

聞かせてもらえて、よかったと思えた。

 

 

話してもなんにも解決はしない話だったはずなのに、(知ってもらえている)ということがこんなにも嬉しいことだとは思わなかった。

お父さんは『お前の気持ちを知らないまんまでいた方が絶対俺はいやだった』って云ってくれた。

すごく救われた。

私の性格を知ってるからか、その一言は本当にありがたかった。泥の中でキラキラしていた。

 

 

 

 

2時間くらい話して、ちょっと何かが削がれてきたかも って思って、私は眠った。

泣き疲れて眠ってしまった。

赤子か。

 


にほんブログ村