読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

複雑な夢と嫌いな過去の人0.5

今も実家でお父さんとお母さんと同居している父方の祖父。おじいちゃん。

祖母がまだ生きていた頃は祖母の言いなりで、弱くていまいちよくわからない人だった。

それでも、祖母とは違う人だ。と思っていた。

祖母と話すことはなくても、おじいちゃんとはぽつりぽつり話していた。

お母さんやお父さんに攻撃もしなかった。

祖母のアルツハイマーが酷くなるにつれ、引っ張られるかのようにおじいちゃんもボケ始めた。

 

 

それが、祖母が死んで3日くらい経ったある日。

いきなり洗脳から醒めたようにボケがなくなったのだ。

家事や世話をするお母さんに対しても『いつもごめんね』とか、『ご飯美味しいよ、ありがとう』とか声を掛けるようになったし、お父さんとも砕けて喋るようになった。

私もおじいちゃんに数独を教えてもらったりした。

今までだったら考えられないことだ。

まじで一種の洗脳だったんじゃないかなぁと今でも思う。

祖母の葬式、お通夜、ずっと明るく、とても晴れやかな顔だったのだ。

 

 

 

そんなおじいちゃんももう94歳。

流石に軽くボケてるし、極端に耳が遠くなった。

補聴器は本人がいやだと云うからしょうがない。

 

なんかこう、書いてて思ったけど、どのパターンも当たり前にあるんだよな と。

 

いい人が早くに死んじゃうパターン

いやな人が早くに死んじゃうパターン

いい人が長生きするパターン

いやな人が長生きするパターン

 

どれもこれも、型にはめることなんて出来ないね。

でも、やっぱり人徳って言葉はある。

誰にも泣かれない 誰にも悲しまれない 誰にも惜しまれない人。

みんなが泣いて 悲しんで やり場のない感情が飛び交って惜しまれ続ける人。

まだ私31年しか生きてないのに、どっちも近くで見た。

 

どれだけ生きたかじゃない。どう生きたかだ。

そう理解はしてても、やっぱりなんでやって気持ちは常にある。

割り切れないし、やり切れないよ。ずっと。

 

 


にほんブログ村