読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

お花畑と最初の違和感

記憶をなぞる

過去のことを思い返すことにして、書いていた物理の日記を開いた。

今もなんだけど、涙ばっかぼろぼろ出るね。

 

 

 

 

 

2015年の1月は、かっちのお誕生日をお祝いして、指輪を買いに行った。

2月はブライダル関連で悩みまくっている日記だった。

ドレスでね、迷ってた。

サイトで見て一目惚れしたワンショルダーのエンパイヤドレス。

きっとこれになるんだろうなぁって思いながら試着に挑んだのに全くしっくりこなくって。

私がしっくりきてないことをかっちが空気で悟り、候補をあれこれ一緒に探してくれた。

 

候補1はAラインのエレガントドレス。

線がめちゃめちゃ細くって、スタイリッシュだった。

最後に選んだ候補2は、自分が選ばなそうなプリンセスラインのお姫様みたいなドレスだった。

これはないかなwって思ってたのにすごくしっくりしてしまって、同時に(かっちすげぇなぁ…)とも思った。

 

1と2でとても悩んでたんだけど、かっちのくれた一言ですんなり決めることが出来た。

『ぼっちのお父さんとお母さんに、どんな風に見てもらいたいか ってことを考えて選んでみたら?』

その瞬間、あぁ、お父さんとお母さんはきっとエレガントな私よりもかわいい私を見たいだろうなぁ。

なーんて、お花畑全開な思考が働いたのだ。

 

日記見ながら書いてるんだけど、ほんと昔の私も今の私もかっちに絶大なる信頼を置き過ぎて笑うww

自分の旦那なのに、(世界で一番素敵で男前な助言)とか書いてあるwwwほんと花飛びまくりでさぁwwなんだこれwwwww

 

 

 

 

そんな浮かれモード全開な2月の日記。

ずっと含み笑いが止まらねぇぜ!!!状態だった。

 

予兆はいきなり、ゆっくり来た。

 

昨日指輪が完成して、引取りにいったよ!宝物をありがとう!的なことが書いてある23日の最後。

(かっちが具合悪くして早退したみたいだから、私も早く帰ろう。なんかざわつく。やっぱり大きい病院連れて行かなきゃな)って書いてある。

きっと出先で書いたものなのだろう。

頭がなんか痛いかもしれない っていう話は2月の中旬くらいから出ていた。

でも(なんか)とか(しれない)とか、ほんとにふわっとしてて。

そんなに大きなことが起こっていたなんて微塵も感じなかった。

近くの脳外科でも、緊張性の偏頭痛かもって云われて、(そっかー)レベルだった。

2月の下旬は薬飲んでもよくならないから、大きいとこ行こうねって云ってたところだったと思う。

かっちは痛みとか辛さにバカみたいに強い。

1人でインフルになった時も、自分のことより私に移らないかだけを心配するような人だ。

よっぽどのことがないと早退なんかしない。

感じた違和感は正しかった。

結果論だけど。

 


にほんブログ村