読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

(私の中の神様、どうかお願いです)

なぞる記2

2015年3月10日。

この日のことはすごくよく覚えている。

 

 

 

 

かっちは朝から近くの脳外科。

私は映画、【幕が上がる】の舞台挨拶を見に、新百合ヶ丘に行こうと家で支度していた。

支度が終わって外に出たら電話が鳴った。

かっちからだった。

あれ、病院終わったのかな って思って電話に出た。

 

かっち『なんかさぁ、なんか俺、よからぬことになってるっぽい』

ぼっち『え?病院?』

かっち『うん。そいで先生が奥様も一緒にお話を…って云ってるんだけど…』

ぼっち『今家の前だからすぐ行く!』

 

これくらいの短い電話。

映画に誘ってくれた友達に(ごめん!)と行けない連絡を入れ、病院に着くと待合室にぼっちで座っているかっちが居た。

コート脱ぎながら(なんだろうねぇ~)とか、極力明るく振舞った。

かっちも、(なんだろうねぇ~)と首を傾げていた。

すぐに呼ばれて、診察室に入った。

 

 

先生は、『最初に来た時にMRI撮ればよかった、ごめんなさい』とのっけから謝っていた。

どういうことだ と思って見せられた画像は、なんかもう、すごかった。

素人目で見てもはっきりと判るほどのエグい大きさの腫瘍。

3.5センチだと云われた。

え、これかっちの?今のかっちの頭の中こんなことになってるの。

やべーじゃん…。

『年齢と症状からして、多分良性の腫瘍だと思います。でも造影剤を入れたMRIじゃないとはっきりしたことが云えないので、紹介状書きます。』

と云われた。

その言葉に判り易く私たちは安堵してしまった。

 

だよねぇ。

だって悪性腫瘍ってことは癌 ってことだもんねぇ。

と、帰り道に2人で話していた。

 

こんな時なのに、かっちは『折角の舞台挨拶なのにすまんのう』と云っていた。

『変なとこ気遣うなこのバカチンが!!!』と渾身の金八先生を出したのに、かっちはあまりピンときていなかったようで、愛想笑いが酷かった。

 

 

こんなくそどーでもいいようなことまで覚えてる。

安堵はしてたけど、すっごい恐かった。

その日の日記は、ただ神様に祈ってた。

普段何も信仰していないくせに、こんな時だけどっかしらの神様にお願いしているのだ。とことん虫がいい。

その日の私は全然眠れなかったようで、追記みたいな感じでどんどん不安の言葉か書き足されている。

まるで書くことで何かを埋めるように。

 


にほんブログ村