読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

Tiny.

誰とも会わない、誰とも話さない、そんな一日だった。

そんな6回目の月命日だった。

 

ずっとベッドの中で息をしているだけ。

ずっと体を横に倒しているだけ。

私の意志や気持ちはどこにもなかった。

なんにもしたくないなぁ ってぼんやり思うくらい。それだけ。

覚醒しないまま起きている感じだ。

ずっと目覚めなければいいのに。

 

でも私は生きちゃってる。

生きちゃってるから当たり前にトイレに行く。

喉が渇くからお茶を飲む。

テレビだって見る。

外に出る時はちゃんと武装という名のお化粧だってする。

寒いからちゃんとコートを着て、普通を着飾る。

かわいそうだって思ってくれるな。

私は敵でも味方でもない通行人のみなさんにそう思いながら歩く。

第一、ぱっと見でわかるまい。

というかね、そもそもね、そんなに自分は他人に見られていないぞと。

距離感がほんとバカになってきている。

私のコミュ力どこいっちゃったんだろう。

 

一番かわいそうなのは、というかこの状況が一番いやなのはきっとかっちだ。

なのに私はかっちが居なくて寂しいとか、

かっちと会えないのがいやだとか、

全部かっちを主軸にして廻ってると見せかけて、結局のところ自分がかっちが居なくて寂しいのがいやなんだ。

自分勝手な人間だ。

自分がからっぽなのはかっちのせいだけど、かっちだけのせいじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

いつもの花屋さんに花を買いに行った。

最近ピンク系の花が続いてたから、今日は黄色。

f:id:hitoribocchi17:20170130232650j:plain

白いバラはまたサービスでいただいた。いつものお兄さん、ありがとうございます。

 

 

 

 

月命日は、なんとなく、かっちが好きそうな、喜びそうなことをしよう。

そう思っていたはずなのに、それすら出来ない。

かっちの喜ぶことは、私が楽しくしていること。

そう、何度も何度も痛感させてもらった、楽しい記憶や思いでが私には在るのに、なんにも出来ない。

 


にほんブログ村