読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

細胞が呼ぶの

なんにも出来ない。

なんにもする気にならない。

だからなにもしない。

(なにもしない)ってことがこんなにグズったらしくて、惨めで、気持ち悪いことだって初めて知った。

気分は常に最悪だ。

かっちの誕生日、月命日の前からそんな感じ。

絶望感ってのは付きまとう。

それはいつものことだけどなんか違う。

それまでと、今までとまた種類が違うような感覚。

 

 

 

 

 

この前またえんちゃんと会った。

他の友達とも会ったりしてるけど、このブログの登場率が異様に高いなえんちゃん。

 

『もうさーお前さーいいんじゃない?1年くらいこうやってうだうだしてんのも』

って云われた。

うだうだしている私の前でえんちゃんはそう云った。

今まで、どちらかというと彼は(とりあえず動こうぜ)的な言葉を沢山くれていた。

そこにきてこのうだうだ肯定。

『お前がなにやってても俺は見限らない』

呆れられたんだ と思った瞬間にこんな言葉が飛んできて、勝手に許された気持ちになった。

 

でもやっぱりえんちゃんばっかに寄りかかるのはよくない。

他の友達や親、妹にも。

私の世界はかっちと私だけど、みんなの世界はそれぞれ違う。

そこまでお邪魔出来ないし、毛頭そんな気もない。

 

勝手に壁おったてて、距離とって、そんなんするなよ ってみんな云ってくれるんだ。

みんなほんとに優しい。

ありがとう っていつも思ってる。

人間はひとりじゃ生きていけない。

そう私はずっと思って生きてきた。

でも、それが急にいやになる瞬間がある。

私はなんで、どうして生きてるんだろう。

ひとりじゃないから生きてるのか。

全部手放してしまいたくなる時がある。

理屈でも理論でもなく、こんなバカネガティブに襲われる。

ひとりじゃ生きていけないほどの幸せを私は知っているから。

だから今こんなに孤独なのか。

ひとりじゃないはずなのになんでこんなに孤独なのか。

ひとりじゃないはずなのになんでこんなにひとりなのか。

 

なんだかとても割りに合ってないような気がして、へこんでしまうのだ。

バカな話おしまい。

 


にほんブログ村