読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

手を繋ぐ

なぞる記4

 

検査入院に向けて、造影剤を入れてMRI

この辺りから歩いていると急に傾くことが増えた。

だからしっかり手を繋いで歩いた。

転倒しない為ってのもあったけど、私は不安だったから。

きっとかっちもそういう気持ちだったと思う。

物理での温かさを手のひらでちゃんと確認出来て、大丈夫大丈夫って自己暗示。

 

最後の最後まで、私の自己暗示に(手を繋ぐ)は在った。

 

 

 

そして検査入院の日。ギリギリまで病院に居て、付き添った。

注射や管なんかより、カテーテル固定の為のテーピングを外した時がいっちばん痛かった!!!と謎の訴えをするかっち。

他にもあるだろうにwwwとかバカにして笑ってた。てかほんと、痛みとか苦痛に強い。

もっと大げさに云ってもいいんだよ って云っても泣き言ゼロ。

タフだなぁ すげぇなぁ やっぱ人じゃないのかもなぁ とかまじで思った。

 

 

 

その日は帰って、明日。

明日なんらかの結果が下るんだ。

そう思ったらやっぱり眠れなかった。

かっちからLINEが届く。

 

かっち(今日は長い時間ありがとうね~俺はもう寝るさかい!)

ぼっち(おうおう!私も12時には寝るさかい!今日はお疲れちゃん!!)

 

当然12時に眠れるわけはなく。

この日の物理日記には、(夜の越え方がわかんない)(頭と歯が痛いからロキソニン飲んだ)等、かっちのハートより大分弱いことが伺える。

 

タイムマシンを使えます でも歴史は変えてはいけません

そんなことがもしあったら私はこの翌日に飛んで、自分とかっちにとことん優しくしてやりたい。

根拠がなくても、大丈夫大丈夫 を沢山云ってやりたい。

これからはそんなことの連続なんだけども。

 

でも、この翌日に受けた第一の結果は、相当な破壊力を持ってた。

 


にほんブログ村