読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

やってしまった

やってしまった。

そらもう盛大にやってしまった。

こうやって一生忘れられないことって積もってくのかなぁ。

今の私にはやっぱり全部ハードルが高くて飛べず。

潜ろうもんにも下ルートが棘まみれだったり。

そんなんばっかだ。

 

 

 

 

恥ずかしさとみっともなさ600%でお届けするよ。

うじうじべそべそあーだこーだしてるから、きっと観覧注意。

ある種の戒めだ。

戒めになればいい。

繰り返したらダメなやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざっくばらんに云うと、ぶっ倒れてしまった。

酔ってたし、眩暈、寝不足だし、理由はその辺に沢山ある。

(分かってるくせにどうして改められないのか)のしんどさったらない。

初めてなんだもん。自分の脳みその中に3つくらい違う思考の脳みそをミックスしてる感じ。

これ誰なんだ と。

 

廻る視界は漫画みたいに、本当にスローモーションだった。

思い返すとあの映像ちょっと綺麗だったな とかバカみたいなこと云ってみる。

でも、意識としては(あ、やばい倒れる)って思ったらもうすっ転んでた。

耳の裏というなんとも微妙な位置を打ってしまった。

じんじん熱を持ってく耳の裏。

耳の裏にこんなに着目したこと、今まで生きてきた中でもれなく初めての経験だ。

きみのピークはきっとここだよ と思いながら、今日も指で傷口をなぞる。

 

かっこわる。かっこわるい極みじゃんこんなの。

ここで云うのは許していただきたい。

ってこのみっともなさはこの場所では最早見慣れ過ぎた光景だと思うけどw

実際の生活じゃ絶対に云わないから。

かっこわるいのもみっともないのも、ダサいのも。ぐちぐちうじうじが過ぎることも。自分で思ってることなのにね。

もう自分を否定し過ぎてやんなる通り越した。疲れた。

キャパを遥かに越えた状態で、人の優しさに漬け込んで、甘えて、

都合よく扱おうとしていたことに気付いてしまって、ぞっとして、申し訳なくなって、自己嫌悪した。

そんなんの繰り返しだよ。

人といると傷付けてしまうのがこわい。

でもひとりでいたくない。

かっちだったら一番いい。

けどみんなかっちではない。

だから誰でもいいってわけではない。

かっちがいい。

私はかっちがいい。

 

 

携帯のメモ帳に覚えのない謎文章が残ってた。

誤字脱字カーニバルなその散らかった文章は、本当に覚えがないんだけど自分が打ち込んだんだろうなってすんなり思えるものだった。

SS撮ってここにもアップしようと思ったけど、流石に手が止まってしまうような内容だったのでやめた。

あと笑えないくらいにまじで誤字脱字が酷かったwww

どんな気持ちでこれを打ったんだろう。

保存した時間を見ると多分転んだ後。

未来の私に何を云いたかったんだろう。

未来の私なはずの今の私は何も感じ取ることが出来ないし、それもまたふがいない話なのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月は匂いが強い。

気付けなかったけど確かに存在した違和感。

弱っていく身体。

やっとこ出来た結婚式。

2年に渡って匂いが強い。

そんなん云ってたら毎月そうで。

きっとこれからくる毎月そんなんばっかなんだけど。

ひとりがつらい。

半身以上今を生きられていない私が、ひとりで毎日を過ごす。

過ごしているんだけど、過ごしていない。

落ちたらあとは上がるだけって思ってたし、実際云われてきた言葉がある。

けど一向に(上がるだけ)ゾーンに行けないんだけど。

まだ下がある。

まだ底が見えない。

暗い内容でほんとにごめん。

暗い気持ちにさせてしまったらごめん。

こんなんばっかでごめん。

何にも現状を変えられなくてごめん。

外で出来ているであろう(何でもない顔)が家で、ひとりで、出来たらすげー楽なんだろうなって思う。

 

 


にほんブログ村