読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

生きててくれればもうなんでもいいってこの時は本気でそう思ってたよ

なぞる記6

 

呼吸器科で造影剤のCT→胃カメラの検査→生検→PET検査(別の専門病院)を全て別日にすることになったかっち。

頭の手術は3月27日になった。

勿論全部が初体験。

私も経験したことないから、造影剤を最初に云われた『造影剤入った瞬間にかぁーーって熱くなるんだよ!』って言葉の意味は、正直今でも理解出来ていない。

(なにかやばい副作用か?)って思って瞬時に調べたら、造影剤はそういうもんなんだってことを初めて知った。

そこからは毎回、造影剤は体が熱くなる ってことはわかった。

(そういうもん)ってことは知れたけど、経験してないから本当の意味で理解はしていない。

私はかっちじゃないから、かっちの本当の痛みや苦しみは到底理解出来ない。

闘病中はそんなことの繰り返しだった。

それが、苦しくて、歯痒くて、悔しいと何度も思った。

【痛みを分け与えられる制度】なるものがあったら真っ先に使うのに なんて思ってた。

かっちは全力で止めにかかるんだろうけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

造影剤CTを撮った日辺りから体調に変化が訪れた。

吐き気が止まらない。

脳と目の揺れが気持ち悪い。

ご飯が食べられなくなる。

布団(この時はまだ布団だった 懐かしいなぁ)から体を起こすまで40分~1時間かかる。

ゆっくりゆっくり起きても、目の揺れと脳の揺れで気持ち悪くなって吐いてしまう。

 

 

 

胃カメラ、生検をしてもちゃんとしたことはすぐにはわからないよ と云われた。

脳の腫瘍との関連性。

肺の自覚症状が全くないだけに、喘息の塊とかカビの一種かもしれない とお医者さんは云った。

色んな気持ちが入り混じっていた。

一番最悪なことを突きつけられるのだろうか。

まだマシって思えるのだろうか。

希望や可能性がまだ少しだけあるのだろうか。

でもその希望に全振りして最悪の結果だった場合、私は確実に崩れてしまうのではないだろうか。

かっちとはこの後どんなテンションで話そうか。

カンファレンス室でそんなことをずっと考えていた。

果てしなく長い時間に感じたけれど、実際は20分くらいの時間の経過。

私は常に自分の身の振り方と、かっちのことだけ考えていた。


にほんブログ村