読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

普通っぽく成れる権利

今日は買い物に行った。

よくかっちと一緒に行った帽子屋さんで新しいハットを買った。

なんて云うかな。似合ってるかな。いつも以上に色で悩んでるよ。

そんなこと思いながら、店員さんと会話。

こういう時の自分は大概ふわふわと浮いている。

それがわかる。

わかるんだけど、うんまぁそうだねぇって見逃す。

 

 

 

 

 

 

最近出来た友達と遊んでる時、すごく自分の(変な異質さ)を実感させられる。

その友達は大好きな旦那が居たこと、死んじゃったこと、そんで自分の調子が極めておかしいことを把握している というかわかってる。

その上で、全くかっちの話にならない。

気を遣ってくれてるんだろうなってのはすごく感じる。

よく理由を付けてご飯に連れ出してくれるからだ。

そこで当たり障りのない話をするんだけど、(あ 普通はこうなんだな)って思う瞬間がとても多い。

元々の友達や家族から(ちゃんと食べないとだめよ でも無理しないで)とか、

(外に出ないとアカンよ でも無理しないで)とか、

そういう優しい言葉を沢山もらってた自分。

(無理はしないで)・(ぼっちのペースで)という逃げ道まで付けてくれる。

でもその友達 というか普通の人からしたら、食べることは日常で、外に出ることも日常。

ごくごく当たり前のことなのだ。

そういやそうだったよな。

毎日のことを、毎日出来ていない。

ここのご飯がすごく美味しくて とか、

この前どこどこに行ったんだけどすごい楽しかったよ とか、

あーこういうのが普通の会話なのかぁ と。

私は普通っぽく成りたいとか思ってたけど、そもそも意識しちゃってるところでもう(普通っぽく成れる権利)がなかったのね なーんてことに気付いてしまった。

 

出来るだけ砕けて書いたつもりだけど、自分にとっては結構恐ろしい気付きだった。

 

ぞっとするほど、先の長い道に立たされてる そんな気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみた。

やっぱり1月末から変化が起きているような気がする。

これもまた、すぐ考えが変わるかもしれないんだけど。

今考えて、今思ったことだ。あしからずだ。

いつでもちぐはぐな私なんだけど、逆コナン君って感じ。

見た目は大人なのに、脳内は非常に子供みたいだ。

外でのかっこつけに躍起になって、家でひとり打ちのめされる。

バランス感覚が総じてバカなのだ。

今、自分を俯瞰で見よう、俯瞰で見よう と必死になっているこの様も、きっと滑稽なんだろうけど。

ちゃんと今足掻けてるのかなぁ。

わかんないや。

 

 

 

 

 

f:id:hitoribocchi17:20170220224536j:plain

youtu.be


にほんブログ村