読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

ホワイトデーと2歩分の空しさ

ホワイトデーが過ぎた。

一昨年のホワイトデーは検査入院明けで第一の告知を受けたっけ。

去年のホワイトデーはなんかあったっけ?と思って秘儀 カメラロール巡り。

チョコケーキを2人で食べに行ってた。

んで、家でかっちの大好物リストに長いこと入ってる甘めナポリタンを作って食べた。

そんな世界中にありふれた、でも確実に楽しくて幸せなホワイトデーを送っていたようだ。

いいな。もっかいやりたいな。

目をつぶって思い返して、思い描く。

そうやってずっと眠ってたいなぁってわりかし本気で思うよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虚無感とか、喪失感とか、脱力感って、本当の意味でここまで感じたことなかったんだなぁってつくづく思う。

それはきっととても幸せなことで、恵まれた環境に自分が居たのだろう。

この歳まで温室&ぬるま湯でぬくぬく育ってきた。

だからあたりまえなんだ。

こんなに躓くの。

1歩ごとになにかしらのつっかえがあって、暫く立ち止まってしまい動けない。

 

 

そんな中、久しぶりにやってみたことがいくつかある。

久しぶりにお仕事をしてみた。

リハビリ というかお手伝いレベルで。

これがさぁ、ちょっと笑っちゃうくらいちゃんと出来て。

数字を取ってくるお仕事なんだけど、バカみたいに集中出来てさぁ。

自分が今まで出したことない売り上げを出した。

 

誘われてたバンドに加入してみた。

久しぶりに複数人とスタジオに入った。

久しぶりに最高音を自分の身体で出した。

久しぶりに重たい音の粒に乗った。

友達と直前まで電話してて、(なんかわかんないけどすごい緊張する)って話してたのね。

その友達がスタジオ終わりに(楽しめた?)ってラインを送ってくれた。

私は(楽しかったぁ)って返信した。

楽しかったのだ。

拍子がなんなら3回くらい抜けるくらい、楽しかった。

 

仕事が出来たこと、

スタジオが楽しかったこと、

びっくりして、また立ち止まる。

 

 

なんでだよwww立ち止まるなよwwwwwって思うでしょう。

私も思うわそんなん。

感情を追い抜いてしまったような感じ。

こうやって出来ることが徐々に増えてゆくんだろう。

増えてって、困らなくなる?

いまいち想像が出来ない。

 

わかっていることは、もう前の自分には戻れない。

戻れないなら、模倣すればよくね???

そんなことバカげたことを大真面目に考えてた。

カメラロールの中の楽しそうな私は明るい色の服を着て、明るい髪色して、楽しそう。

じゃあまず髪色かえよ!!!

って思い立って、すぐ髪の毛を染めた。

久しぶりに髪の色を抜いた。

大丈夫、なにやってんだろって自覚の元やってることだから。

だからきっと大丈夫。

春っぽい薄い水色のシャツを着てみた。

鏡の前で外側だけ、あのころみたいねって思った。

空しさって感情が、だんだん私に追いついてくる。

知らない間に追い抜いた感情に、ゆっくり鼻先抜かれて、また躓く。

でもこれも私が選んだ。

私が望んだ。

私が決めたんだ。

なにやってるんだろうねほんとに。

 

 

 

 

 

f:id:hitoribocchi17:20170318005200j:plain

BARのマスターからおすそ分けでもらったかわいい飴ちゃん。

 


にほんブログ村