読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

8秒数えて目を閉ざす

毎日思うこと、感じること。

煩わしく感じる気持ちや、嬉しいと思う感情。

それらを全部ごちゃまぜにしたのが今の私だ。

なんとまあバランス感覚の悪い、主軸を失った人間だ。

 

 

風邪をひいた先週のことから振り返り。

振り返って、書いておく。

熱を出して、ノーマル時ですらぼやっとしている頭に拍車がかかる。

月曜日 友達が修造みたいになった。(とにかく水分摂れ、厚着して寝ろ、そして汗を出せ)ってアドバイス

修造に倣い、ポカリの1.5リットルと、オレンジジュース1リットル、ミルクティー1リットルを飲み干す。

火曜日 えんちゃんがお昼ご飯を持ってうちにきてくれた。

激しい眩暈。

三半規管が全然正しく機能してくれない。

修造化してた友達に、水分摂取して毒素を出す仕組みを詳しく教えてもらった。

水曜日 熱が微熱レベルに。

曲製作のためにスタジオに行かなきゃいけない日があったから多少の無理をした。

木曜日 よくなってきた。

暇で、ずっとブラックラグーン見てた。

金曜日 ようやっと両耳の耳抜きが出来た。今週初飲酒。

土曜日 昔のバンド仲間と久しぶりにご飯飲み。

 

 

耳抜きが本当にしんどかったなぁって思い出した。

元々すぐ詰まるタイプで。

そろそろおっきい耳鼻科に行かないといけないな と思っていた。

聞こえが悪い。眩暈が多発。

それが日常。

もっかい、今度は違う心療内科にも行かないと。

自分の異質な感じは自分自身でわかる って前にも書いたけど、

人からしたらそれは倍増されて見えるものなのか否か。

少し恐いポイントではある。

久しぶりに会った友達と話してて、なんとなくそう思った。

みんなは当たり前に優しい。

少しのトンチキ発言がきっとあったって、(こいつ今大変なんだ)って思ってやり過ごすのかな。

かっちが死んじゃった後に私と出会い、友達になった友人たちは、私のことを(変わってる人)(普通ではない人)だと云う。

私、元々どんな人間だったっけ。

元からおかしかったんだっけ。

うんと普通だと思ってたんだけど、そうじゃなかったのか。

変化なのか。

把握もコントロールも全く出来ないし、なんなら元より出来てなかったのかもしれない。

 

 

 

 

昨日の日曜日はバンドの撮影があった。

2週連続で日曜日に陽の光をがっつり浴びた。

その後はメンバーと飲み会。

楽しかった。

グッズはどうしようかとか、これからの製作についてとか、ライブの方向性だとか。

そんな、過去ではするのが当たり前だった話を今の私がまたしている。

そんな状況が面白くて、違和感も勿論あって、でも楽しくて。

なんか生きちゃってる人間が、モノを創る。

それはそれでこれはこれで、でも私はこんな私をやっぱり知らない。

 

 

そんな日曜日が終わって、寝ている私が見た夢もまたどうしようもない夢だった。

(かっちが死んじゃったらどうしよう。

どうしよう。いやだ。

死んじゃったら、いやでいやでたまらない。

多分私は生きてはいけないな。)

って、1人で考えて祈ってる夢。

バカみたいだ。ほんとに。

云うまでもないけど、寝起きは最悪だったよ。


にほんブログ村