白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

(大好き)と(おやすみ)

思い出してしまう。

しまう って云い方するとすごくいやな方向の言葉になってしまう気がするけど、そうではない。

いやなことなんかじゃない。

寧ろ、忘れられない、忘れたくないことだ。

 

 

 

最近。テレビのニュースやネットニュースで耳にしない、目にしない日はない。

小林麻央さんの訃報に関する話題。

自分もちらりとブログを読んだことはあった。

(病気が自分の人生を代表する出来事ではない)

ほんとそう。

ほんとそうなんだよ!!って思いながら読んでた。

 

【最後の言葉】ってワードを特に目にする。

どうしたって、自分の時のことを思い出すし、思い返してしまう。

また しまう 使っちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜、病室での会話だ。

普段ヘラヘラしている私たちが真面目に想いを話し合った日は、かっちが生きていた最後の夜だった。

この日のことは後々ちゃんと書くね。

今はこの最後の言葉だけ。

 

 

 

 

病院に泊まることに決めてた私。

真面目な話を20分くらいした後の会話だ。

 

ぼっち『話せてよかった』

かっち『うん』

ぼっち『大丈夫大丈夫』

 

かっち『なるべく今日は早めに寝よう』

ぼっち『そうだね、早めに寝よう』

かっち『一緒に寝るの楽しみだなぁ』

ぼっち『うん』

 

 

この後の言葉が、私が聞き取れた(言葉)みたいなものの最後だった。

かっちの眠るベッドの左側に設置した簡易ベッドへ横になる私。

かっちが手を繋いできた。

私の右手はかっちの左手と繋がって、私は体を右に倒してこう云った。

ぼっち『私かっちが大好きだよ。おやすみね』

返ってきた言葉が最後の言葉になっちゃった。

 

『俺もぼっちが大好き。おやすみね』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上を見ても下を見てもキリのないことばかりの世の中だから。

下を見れば(最後にこんなにちゃんとした言葉をもらえてありがたいな)

上を見れば(なんで病気になっちゃったんだろう なんで先に死んじゃったんだろう)

だからもう完全に私のものさしでの話になる。

誰かをいやな気持ちにさせてしまったらごめんなさい。

 

 

 

私は、最後にこんな言葉を貰うことができて幸せだったと思う。

思うし、これからもきっと思い続けるんだろうなって思う。

 

でも、この直後に起こったこともきっと忘れないし、忘れられない。

記憶の蓋は案外簡単に開く。

自分の意志と紐付いていない瞬間なんてざらにあるから、いきなりフラッシュバックすることが何度もあった。

よい光景も、いやな光景もどちらもだ。

いやな光景 とか云っちゃだめな気もする。

かっちが頑張ってくれていた瞬間瞬間の光景なのに。

でも、好きな人が苦しがっている姿なんて、いやな光景でなければなんなんだろうか。

そんな姿を目の当たりにしてるのに、なんにも出来ない自分がそこに居るだけの、そんな光景。

いやな光景でなければなんなんだろうか。

 

 

6時間。

約6時間、目の前で好きな人が苦しむ姿を見た。

生きようと頑張ってた姿を見た。

 

私はなんにも出来なかった。

ほんと、なんにも出来なかったんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しんどくなってきたから今日はこの辺でおしまい。

お酒結構入ってたのに全然眠れなかった。

トータル2時間の短い睡眠だった。

寝不足で頭回ってなくって、おかしいなぁ。


にほんブログ村

広告を非表示にする