読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

知識は人を助ける

高額医療費制度 というものを、当初はかっちも私も全く知らなかった。

限度額制度と何が違うの?程度にしか思ってなかった。

 

 

最後の入院中、病院のソーシャルワーカーさんが病室を訪ねてきてくださり、そこでなんとなくの説明を受けた。

とりあえず窓口に行ってみてください。

結構返ってくると思います。

最後にそう云われた。

 

 

 

2回ほど窓口まで行った。

情けないほど、本当に無知な私たちだった。

そして情けないほど、闘病生活が終わってからの日々は憔悴していた。

30歳なのに、お母さんに付き添ってもらった。

おいおい子供かよ って突っ込みを自分自身に入れた。

でもお母さんもお父さんも『ぼっちはいつまでも私たちの子供だ』と云う。

そういう意味じゃないんだけどなぁ って少し笑った。

 

優しい役員さんは色々と教えてくださり、初めてちゃんと意味を理解することが出来た。

本当、お世話になりました。

 

 

 

 

 

記入漏れなんかの間違いがあったり色々すったもんだしたけど、その手続きが今日の振込み分で全部終わった。

 

こんなこと、知りたくなかったし、経験もしたくなかった。

これは多分ずっと変わらない気持ち。

 

味わいたくなかった色味のない生活。

色が付いていない景色。

急にメーターを振り切る胸の中。

楽しい気持ちを抱えたままじゃ眠れない夜。

絶望から始まる朝。

全部全部いらないものだ。

 

でも、知識は人を助けてくれるんだなぁって改めてそう思えた。

友達が話の中で、

『高額医療費制度って向こうから云ってくれるもんじゃなくって、こっちから申請するものだからさー。気付かない人もきっといるんじゃないかなぁ』

と云っていた。

云ってもらわないと気付けないこと、見えないことって結構その辺に散らばってる。

私も私の大切な誰かが困っていたら、知識を持って手を伸ばしてあげられたらいいな。

今のまんまじゃ全然役不足だけども!

 

 

 

とにかく終わった。

暑い茹だるような日を少しだけ思い出して、また蓋をした。

 


にほんブログ村