読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

(花を贈って単純に喜びそうな奴、もれなくいい奴 説)

夕方、いつもの花屋さんに花を買いに行った。

 

小さいマーガレットが可愛かったから、それをまず手に取ってあともうひと種類欲しいなぁってうろうろ。

私の花選びはいつもこんな感じだ。

まず1種類決めて、それに合いそうな花をもう1種類買って帰る。

 

前に記事にも書いたブルースターがあったから、マーガレットとブルースターを合わせてみた。うん、可愛い。

小ぶりと小ぶり。色も白と水色で合うし。

そう思ってレジに持ってった。

 

そしたら花屋のお兄さんに、

『このカーネーション、まだ頑張れそうなのでおまけで付けときますね』

と、薄ピンクのカーネーションを7輪頂いた。

わぁ嬉しいなぁ って思って、ありがとうございますってお礼云って、受け取った。

 

 

 

いつも花の栄養剤を使っているから結構花持ちがいい。

2週間持てばかなりいい方かな。

家に帰って花瓶の花をちゃんと見たら、先月の月命日に買った白い方のバラがまだ元気だった。

2週間持った。頑張ってる白いバラ。

 

結果、超豪華なかっちコーナー爆誕である。

4種類の花が、溢れんばかりにかっちコーナーに色を添えている。

しかも白いバラ、白いマーガレット、水色のブルースター、薄ピンクのカーネーション

配色が淡くてとても可愛いことになった。

f:id:hitoribocchi17:20161213033116j:plain

ね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前にも書いたと思うんだけど、こうなっちゃって初めて ってくらい、今まで花の名前や種類なんて気にも留めたことなかった。

そりゃ貰ったら嬉しい。

かっちもお誕生日の時とか、記念日とか、ホワイトデーとかに、たまに花を添えてくれることがあった。

でもなにより嬉しいのはやっぱり気持ちだ。

(花を贈ったらぼっちもっと喜ぶかなぁ)

って思ってもらえてたって事実が嬉しいのだ。

かっちの中で、そういう人間、そういう女の子 って見てもらえてたのが。

それがなにより嬉しかった。

 

なんでだろうね、私の中で、(花を贈って単純に喜んでくれそうな人にいやな奴がいなさそう)っていう勝手な説があるからかな。

なんだそりゃwwって今自分で打ってて笑えてきた。 


にほんブログ村