読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

ずっと会いたい

会いたいなぁ。

朝起きてるのに、暫くベッドの中でうだうだ喋ったり、各々スマホ眺めたり。

そのままゆっくり起きて、ケトルのスイッチ入れて、私はカフェオレでかっちは紅茶。

録画したアニメを流しながらその日どこに行くか、お昼ごはん何食べたいかの案を出し合って。

意見が割れたらプレゼン大会して。

私は着ていく洋服で頭抱えて。何着か候補を絞ってかっちに決めてもらって。

帽子はくどくなるからいらない。

結構歩くから鞄は肩から下げるやつにしなよ。

服が黒だから靴は黒のマーチンやめてえんじのマーチンにすれば?

かっちの目と手と声で私がよそいきに成って。

同じ鍵を2人で持って。

同じ家を出る。

そうやっていつでもどこでも私の右側を半歩先歩く。

会いたいなぁ。ほんと会いたい。

今急に会っても泣いたりしないと思うよ。

すぐに戻れると思う。

すぐに3年前のいつもの毎日に戻れるし、戻せるってなんか思う。

会って、声が聞きたい。喋りたい。

どうだっていいようなことでも、内容も意味もないようなことでもいい。

腕に触りたい。左腕に触りたい。

もうこんなに触れてない。

もうこんなに会えてない。

会いたいなぁ。ずっと会いたいんだよ。私は。

ずっとかっちに会いたい。

会ったら、色々ごめんね云いたい。

ありがとう と、すき はかっちと出会ってから死んじゃうまでにアホほど云ったつもりだから、もういいや。

今私こんなんで、ちゃんと出来なくてごめんねって。

ちゃんと生きられてなくてごめんねって。

こんなに弱い、というかポンコツでダメダメでグズったらしくてごめんねって。

逃げてばっかでごめんねって。

お酒ばっかでごめんねって。

心配かけてごめんねって。

健康なのに、健康じゃないみたいでごめんねって。

もっと沢山のごめんがあるし、それ云いたい。

最悪、私の声は届かなくてもいいから、なんかもうただ会いたい。それだけ


にほんブログ村