読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

ないよりまし はひとつの小さな救い

年末なんてこなくていいのになぁ。

年なんて明けなくていいのになぁ。

 

テレビもきっとクリスマスや年末仕様になっているんだろう。

だろう ってのはアレだ。

普段ケーブルテレビしか付けていないから、地上波の事情にてんで疎い。

夜ふかしと、水曜日のダウンタウンと、ガキ使は毎週録画組。

かっちと私が大好きなバラエティ。

 

ケーブルテレビも、今年に入ってから導入した。

ネット料金を見直しした時に、一緒に入っちゃうか!ってなって。

かっちからしたら、私が喜ぶこと。

私はテレビ大好き人間なのだ。

アニメとか、ドラマとか、バラエティ番組とか、映画とか。

録画に録画を重ねるタイプ。

あと自分の入院中、退屈だろうなぁってことは云われた。

そんな私を思っての導入だったと思う。

おいおい私大好き人間かよ。そーだな。うん。

惚気でメンゴ!

 

でも、私はもうひとつ、嬉しさを覚えていた。

 

 

 

 

在宅での仕事時間が増えたかっち。

朝からテレビを流しっぱなしにしていると、魔の時間は結構、それも頻繁に訪れる。

14時台くらいにやっているワイドショー。

去年、今年は癌を患う有名人のニュースがてんこ盛りだった。

沢山の方が患い、亡くなった。

その度に、なんともいえない空気になって。

その度に、なんか傷付く。

 

『癌はもう治る病気なんですよぉ!!』

専門家の人は高らかに云う。

確かに10年前と比べたら、きっと格段に生存率も上がっているんだろうな。

医学の進歩もすげーんだろうな。

でもさぁ。

だけどもさぁ。

と、2人で塞ぎこむ。

 

あと、癌予防のなんちゃら。

これが結構キタ。

食生活のあれこれ。

ストレスを抱えないライフスタイル。

定期的な検診。

 

そんなに追い詰めないでよ。

患者も、患者の家族も、そんなんわかってるよ。

痛いくらいわかってる。

癌じゃない(そっちの世界の人向け)なこともわかってる。

でも、もうなんにも責めたくなかった。

自分のことも、かっちのことも。

 

 

 

 

 

 

ケーブルテレビを導入して一番よかったと思うのは、私が家に帰って、かっちが『おかえり』を云いながら平和にケロロ軍曹とかこち亀とかを見ていることだった。

Macbookと向き合ってる座椅子から顔を傾けて、ふわっと笑う、あの感じ。

 

 

 

 

 

 

今だって超お世話になってる。

ぼうっとする時のお供は、アニマックスかフジネクか日本映画チャンネル。

今はファミ劇チャンネルで反町さんのGTO一挙放送をやっている。

こうやって、私の隙間になにかしらを詰めてく。

穴ぼこだらけだし、一瞬埋めてもすぐまた穴開くけど。

それでもないよりはまし。

ないよりはまし は、私にとって救いなのだ。

 


にほんブログ村