読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

声は夜、電波に乗って

かっちと私はおなじ機種の携帯を使っていた。

iPhoneの5se。

色はかっちがシルバー。私がピンクゴールド。

去年の5月に、一緒に変えたのだ。

 

かっちが2ヶ月弱しか使わなかった携帯。

それでもなんだか、なんだかなぁ。って気持ちがずっと自分の中だけに在って。

出会った時から変わってない電話番号。

そらで云えるようになってどれくらいの時間が経ったのだろう。

今日、解約の手続きをしてきた。

 

 

 

 

 

 

必要書類を提出して、自分の免許を出して、

あっさりそれは終わってしまった。

ほんとにあっさり。

今さっき、かっちに電話をかけてみた。

当たり前に現在使われていない番号になってて、

当たり前なんだけど当たり前に驚いた。

ひっちゃかめっちゃかな文でごめんね。

そらそーなの。だって自分で解約しに行ったんだから当たり前なのにね。

なのに小さい息しか漏れないんだよ。自分から。

なんだろうねこの感情は。

 

 

 

 

 

んで、お義父さんとお義母さんに報告ラインをした。

最近2人は携帯をスマホにした。

『ぼっちちゃんとラインがしたくってw』と云ってもらえて、嬉しかった。

嬉しくて、たまに写真を送ったりしていた。

 

お義父さんから、

『ぼっちさんの今までの気持ち、また、今の気持ちもわかるよ。よく決心したね。これから一歩前進しようね。なんでも相談してね。』

こんな優しい返信がきた。

もれなく顔文字てんこ盛りで だwww

 

 

私はもっと頑張りたい。

私はもっと強く成りたい。

私はもっと優しく成りたい。

携帯じゃん 些細なことじゃん なんて云う人にはきっと成れないし、成りたいとも思わないけど、なんだろう。

なんだろうね。

頑張り方も、強く在る姿勢も、優しい言葉も、今は思い浮かばないんだ。

まだかかるよ。

まだ全然アカンですよ。

もう気付けば明日から3月なのに。

まいったなぁ。

ほんと、まいった。

 

 


にほんブログ村