読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

声待ち

日曜日はいっぱい歩いた。

いっぱい話して、ご飯も食べた。

日曜日の神社とか商店街は人の多幸感に満ち溢れている。

人から見れば私だってそんな多幸感の一部だ。

人生って、生きるって、よくわかんないことの連続だ。

でも生きてる。

かっちのいた世界で生きてる。

かっちのいなくなった後の世界は、かっちのいた世界なわけで。

繋がってるはずなのに、大きい、埋まらない切れ目が確実にそこにはある。

あるから違和感を今もこうして抱えているのか。

ほんとはそんなもんなくって、ないけどないなりの、なにかしらの気持ち悪さは今も健在だ。

f:id:hitoribocchi17:20170416223005j:plain

点在している小さい赤がかわいいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達とバイバイして、自分の家に帰って少し寝てしまった。

起きて、まず(あ、熱出たなこれ)と。

体温計は38度という数字を映し出していた。

 

気温上がったり下がったり激しかったもんね。

先週は音楽関係でバタバタしてたもんね。

週末にかけてちょっと歩き過ぎちゃったのかもね。

たくさんの落とし所が頭の中で渦巻いた。

風邪をひいても、傍であわあわするかっちはいない。

冷えピタ貼ってくれない。

コンビニで私の好物を買い込んできてくれない。

背中を、頭を撫でてくれない。

もういっそ全部忘れてしまったほうが楽なんじゃないかな。

私はこうなると考えが酷く幼い。

そして極端だ。

ちょうどいいとこないのかよ。

って自分に対してよく思う。

自分の悲しいとか、自分のつらい、しんどい、寂しい に押し潰されてる。

こんなんじゃダメなのに。

ほんとここ最近ダメだなぁ。

って思ったけど、ここ最近でもないね。

ずっとこうだ。

ずっとこの喪失感がまとわりついて、私を重くする。

色んな事柄を頑張ったほうがかっちは喜ぶだろうし、

日々をもっと楽しんだほうがかっちは嬉しいんだろう。

私が悲しむこと、傷付くことが一番やな人。

それは私自身でも、親や姉妹、友達でもなく、多分かっちだ。

私の楽しさを一番に願う人。それもきっとかっちだ。

それを私は(そうだ)と云えるのに。

そんな風に云える程丁寧に支えて、守って、想ってもらっていたのに。

ごめんねこんなんで。

ほんとごめん。


にほんブログ村