読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

(今のぼっちだから)1

人と話していて初めてわかること、理解出来ることが今の私には多過ぎる。

私は私のままならなさや、不甲斐なさ、情けなさとか、そんなんばっかで。

それは全部全部、かっちが大好きで、大切で、大事にしてきたからこそのものだったのに。

寂しいとか会いたいとか悲しいとかつらいとかが先行していたのかな。

そんなこともぼんやりしてしまっていた。

 

書いて残しておきたい、覚えておきたいこと。

雑になっちゃうかもしれないけど、今の自分で書く。

最初からこのブログはそんなもんだった。

私が書いて、それを私が見る。

それだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式の写真を見つけてから、どんどん思考が狭くなっていく感覚がした。

友達と話していても、急に自分が遠く感じたり、(私はなんでここにいるんだろうなぁ)とかを瞬間的に感じたりしていた。

そんな小さいんだか大きいんだかわかんないような違和感を日常でぽつぽつ抱えながら、眩暈や耳鳴りは律儀にほぼ毎日やってくる。

あの夜は多分もう限界だった。

限界って云い方を今はあえてするね。

自分という存在があやふやで恐ろしくちぐはぐで、身体も全く云うことを聞いてくれない。

あの夜はあの夜で限界だった。

 

今まで撮った写真が全部入ってるクッキーのカンカンがある。

それをなんか(見たいなぁ)って思って、手に取った瞬間、床に落としてしまった。

ゴトン と重たい音がした。

そらな、全部入ってるからな、重いわな。

そんなこと思いながら、自分も床にペタリを座り込んでしまった。

なんかもうその瞬間立って居られなかったのはすごく覚えてる。

カンカンの蓋を開けて、過去のかっちと私を見る今の私。

かっちは私を撮るのが好きだった。

私はかっちの盗み撮りが好きだった。

そんな写真ばかりで、色んな場所に連れてってもらったなぁ、沢山の景色を見させてもらったなぁ。

そんなことを思って、かっちを想って、わんわん泣いた。

私の両の手には色んな表情のかっちが当たり前に居て、

その隣に私は居る。

ここに今居る私が本物じゃない気がして、気持ち悪くなった。

 

書いてる最中に云うことじゃないけど、本当におかしなこと云ってたらメンゴ。

自分自身、なにがおかしいことなのか、線引きがきちんと出来ていない。

起こったこと、感じたこと、考えたことそのまんまで書いてるから、妙ちくりんな箇所があってもスルーしてくれたらありがたい。

 

どんだけ声をあげて泣いても、当たり前なんだけどかっちは戻ってこない。

それを私は知ってるのに、感情はかっちを捜してしまう。

バカげてる。

なんでちゃんと出来ないんだろう。

なんでこんなんになっちゃうんだろう。

やめたい。

全部やめたいよもう。

 

どうにもならない気持ちと感情がごちゃ混ぜで、暫く立ち上がれなかった。


にほんブログ村

BABY BABY.

お昼。

部屋の掃除をしていた。

洋服ダンスの上の(結婚式コーナー)なるものがある。

ウエルカムボードやリングピローやクマ。

あとはお式で使った自作の小物や、ヘッドドレスなんかを置いている場所。

そこの掃除をしていたら、タンスの隙間に落ちてしまっていた1枚のDVDケースを見つけた。

(あ、前に妹と見たDVDかぁ)って思って表紙をちゃんとよく見たら(PHOTO DATA)の文字。

 

びっくりなことに、写真のデータを私もかっちも見てなかったのである。

 

 

自分たちで頼んだちゃんとしたカメラマンさんに撮って頂いた膨大なデータ。

多方面からもらった写真のデータでお腹いっぱいになっていた ってのは最早云い訳にならない。

それでも、色んな人にたっくさん写真もらったし。

誰にも撮ってもらってないカットがあったらラッキーだなぁ。くらいに思ってた。

パソコンの電源を付けて、そんなラフな気持ちでディスクを読み込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

中身を見て、なんで私たちはこれを見逃してしまったんだろう という気持ちにたちまち支配されてしまった。

やっぱりプロの方だ。

その写真を見るだけで、その時の気持ちがぶわーっと流れ込んでくるし、ワンシーンとしてすぐ思い出せる。

知らないカットも沢山あった。

こんなとこ、撮られてたんだぁ ってのがもう何枚も。

f:id:hitoribocchi17:20170517013340j:plain

 

 

かっちはこれを見られなかったんだよな。

なんでこんな大事なことを2人して忘れちゃってたんだろう。

これに関してはもう後悔でしかない。

映像だって、どんなに恥ずかしくたってやっぱり一緒に見たかった。

そんな追加の後悔も降ってきて、どんどん自分がやんになってきた。

やんになった自分で、そのデータを携帯に取り込んだ。

ほんと瞬間瞬間の行動だ。

これを今すぐ現像して、かっちコーナーに置かなくちゃって瞬間思って、財布と携帯とパーカーを持って家を飛び出した。

 

 

 

30枚ほど現像して、それらをちらちら見ながらの帰り道。

ショーウインドウ越しに見つけた私の格好はなかなか酷かった。

家着にしてるダルダルの黒いTシャツに黒いスキニー。

黒いパーカーに一番履く時に楽な黒い厚底サンダル。

勿論すっぴんだ。

髪の毛もボサボサ。

こんな酷い姿のまんま、昼間の街を歩いていたのか と肩を落とした。

早く家に帰らなきゃ。

早くかっちコーナーに置かなくちゃ。

そんな気持ちで小走りになった。

あと、こんな酷い格好でいる自分が、なんだかとてもいやだった。

 

 

 

 

 

家に帰ったら速攻でかっちコーナーに2枚飾った。

縦の全身と、私が一番すきだなぁって思った顔アップの2ショット。

かっちと私が顔を寄せて、くしゃって笑ってる写真。

くしゃって笑いすぎて、2人共目がないのwww

写真の中でかっちも私も本当に幸せそうで、いいなぁって思った。

いいなぁ。あの頃の私。

いや、あの頃の私だって大変だったし、しんどかったよ。

でもかっちが隣にいるからね。

もうそれだけでいいよね。

いいなぁ。

心底いいなぁ。なんて思う。

 

 

今月で10ヶ月経つのに、まだ後悔って降ってくるんだね。

しらなんだ。

youtu.be


にほんブログ村

母の日 あの最高に照れた顔を思い出すよ

かっちは恥ずかしがり屋だ。

そしてシャイだ。

かっち自身の両親に対して発動力が極めて高い。

付き合い始めて最初の母の日が迫った休みの日。

お母さんに贈る花を見に花屋さんに行った。

かっちも当然なんかするんだろうなぁって思ってたから。

 

両親とも仲が良くて、家族は円満。

そう聞いていたし、実際に挨拶も済ませていたから(何かプレゼントを贈る)ってことに何の疑問もなかった。

だから『かっちはどれにする~?』って聞いた時のあの少し強張った顔。

あの顔は今からするとなかなかにレアだったな なんて思う。

 

 

 

フラワーアレンジメントをちらちら見て挙動不審なかっち。

お店の中で居場所がなさそうにもじもじしている。

私が『どうしたの?』と聞いた、その答えによって総ての謎が一瞬にして解けた。

 

かっち『‥俺、母の日にお母さんにプレゼント贈るの、恥ずかしい!!!』

 

 

 

うそーん とね‥思いましたよ。

アンタ30過ぎの男が恥ずかしいって‥どういうことよ?と思って詳しく話を聞くことに。

20歳の頃にはもう家を出たかっち。

それから盆と正月にはなんとか、本当になんとか帰省するレベルのかっち。

小学生の頃とかはそりゃおこずかい貯めてカーネーション贈ったりしたよ!?なかっち。

わりかしすぐ精神的にも経済的にも大人になったかっち。

親に甘えたり、スマートにプレゼントを渡す術がわからない と溢したかっち。

贈りたい気持ちは俄然あるんだけどね なかっち。

 

じゃあ私を使いなよ!とすぐ云った。

私に云われて~とかでもいいし、なんなら連名でもいいし。と。

気持ちがあるなら贈ってあげて欲しいな。と。

勿論、無理強いはしないよ。と。

うちにはうちの距離感があるように、かっちんちにはかっちんちの距離感があるだろうし。

でも、まだその時はかっちの両親と1度しか会ったことがなかった私でも、(あのお母さんなら手放しで喜んでくれるだろう)と思ったから、そんな提案をした。

 

『ぼっちとの連名 ってことなら贈れるかも‥』と云ったので、連名で贈った。

うちのお母さんにも勿論連名で。

後日、この話をお父さんとしていたら(かっちの気持ち、わかるなぁ~)と。

『男はそういうの、なんか酷くこっ恥ずかしいんだよ』。そうお父さんは云った。

そういうもんなのか と、ひとつ勉強になった。

 

 

 

 

 

母の日当日にかっちの携帯にお義母さんから電話がかかってきた。

携帯の先から漏れる、嬉しそうなお義母さんの声。

恥ずかしそうで、最高潮に照れたかっちの顔。

なんだかありがたいな なんて思ってニヤニヤしながらそんな光景を見てた。

その後、私にも代わってお礼を云われた。

『あの子が母の日にプレゼントくれるなんてもう何十年ぶりかしら』

『ぼっちちゃん気を回してくれたんでしょう、ありがとうね』

かっちの贈りたい気持ちがなければ成立しなかった母の日。

 

それから毎年、母の日と父の日の前のお休みは、プレゼント選びに費やした。

お花、植木鉢、お箸、コーヒーカップ、夫婦茶碗、急須、扇子

いつも見守っててくれてありがとうの気持ちを、色んな物や形にして贈らせてもらった。

好きな人の贈り物を選んでいる時って、本当にワクワクするもんだ。

そんな(かっちとぼっちの親へのプレゼント選びデート)が私はとても好きだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前スタジオの前に、指輪を磨いてもらいに百貨店に入った。

指輪のクリーニングは無制限で無料なのだ。

二ヶ月に一回くらいのペースで、綺麗にしてもらっている。

その待ち時間、他のフロアをなんとなしに見ていたら目に飛び込んできた(母の日コーナー)。

あぁそっか。今年もこの時期か。

そう思って売り場を眺めてた。

お義母さんに似合いそうな、澄んだ水色のストールが目の前にあった。

多分かっちがここに居たら、これを選ぶんだろうな。そう思った。

お義母さんは元々喉があまり強くなく、夏場でも薄い小さいハンカチを首元に巻いている。

色も形もこれしかないなぁって思って、ストールを持った。

うちのお母さんにはブックカバーとハンカチがセットになってるやつ。

本狂いなお母さん。老眼が進んできたって云ってたけど、まだまだ読んで欲しい本が沢山ある。

そのふたつをレジに持ってって、そのまま郵送してもらった。

 

指輪を受け取りにエスカレーターを登りながら、なんだ、今年も選んで買えたじゃん って胸を撫で下ろした。

いつも(これは?これとかどうよ??)って差し出すのが私で、

(じゃあこれにしよう)って決めてくれるのがかっちだった。

(うちのお母さんは水色とか紫、ぼっちのお義母さんはピンクとかオレンジが似合うから)とか云って、スパンと決めてくれる。

 

 

居ないけど、やっぱ私の中にはかっちがもうどうしようもないくらいに住み着いていて、私は新しい私にちゃんと成らなきゃな って思う。

上手いこと生きれたら一番いいんだろうけど、それはまだ難しいな。

 

さっき、2人のお母さんから連絡が立て続けにきた。

2人共、気に入ってくれたみたいでよかった。

かっちのお義父さんからもラインがきた。

(ぼっちちゃん、お母さんすごくご機嫌だよ!本当にありがとう、またいつでも連絡くださいね)って。

 

予定になかったけど、

本当に偶然贈ることになったプレゼントでも、やっぱり好きな人たちが喜んでくれるのを目の当たりにできることがなにより幸せだなぁ って思った。

かっちも喜んでたら、一番いい。


にほんブログ村

優しい音

先月末のお話。

 

その日、0時過ぎ。

私はもう寝ようとベッドに入った。

タオルケットと毛布で自分の体をぐるぐるにして、右側を空ける といういつもの眠りスタイルでだらだらしていた。

 

遠くのような、近くのような、そんな場所から、音がした。

まさかな なんて思った。

それは、もう聞こえるはずのない音だったから。

耳を澄ますと、四方八方からその(音)はする。

聞こえるはずのない音が、聞こえるはずのない空間に鳴り響いていた。

実際に鳴り響いていたのかどうかは分からない。

焦って、携帯のメモ帳に急いで打ち込んだ。

f:id:hitoribocchi17:20170511220058j:plain

 

 

 

 

 

その(音)というのはメモ帳にも書いた、(携帯カバーをパチン と閉める音)なのだ。

 

かっちは長いこと、縦に開く携帯カバーを使っていた。

それを閉める時、手首のスナップを利かせて(パチン)と閉めていた。

毎日聞く音。

居間でも、寝室でも、生活の音の一部だった。

それから、もう私が聞くことのない音だった。

 

私は、これが物理で鳴っている音なのか、はたまたいよいよ頭がおかしくなった私にだけ鳴ってる音なのか、判別が付かずにいた。

ありえないくらいしんと静まった部屋で、パチン パチン と鳴り続けるかっちの音。

あ、誰かに話したいな なんて思って、友達に(まだ起きてますか)とLINEした。

時間が時間だったし。

起きていたら、この不可思議な現象をちょっと面白おかしく聞いてもらおうなんて目論んでいた。

すぐに友達から電話がかかってきた。

んで、(どうした?)って問いかけに、何も言葉を出せなくなっていたことに気付いた。

あれ、さっきまで戸惑ってたけど(ちょっと聞いてよー)ってテンションで話そうと思ってたのに。

そう確かに思ってたのに、喉元に何かが引っかかってる感覚がして、詰まって喋ることが出来ない。

ここまでひっくるめて、多分私はパニックを起こしていたのだ。

 

 

 

なんとか捻り出した言葉が、(音がして)。

(かっちの音が部屋じゅうでするんです)。

なんともトンチキ発言だ。

その友達は本当に根気良く付き合ってくれた。

本当、深夜になにやってるんだろう。

 

私が、ごめんね、変なこと云ってるよね、ほんとごめんね って謝っても、

(大丈夫、ちゃんと喋れてるし話してることの意味分かるから大丈夫。)って何度も云ってくれた。

いやまじで今思い返しても変なことしか云えてないだろwwwって思う案件だけど。

途切れ途切れ。支離滅裂な話をさせてもらって、その友達はゆっくり話し出した。

(多分ね、似た音なんだよ。すごく似た音。

似た音がどっかしらからして、それをぼっちちゃんは懐かしい、耳馴染みのある音に変換しちゃってるんじゃないかな?)

もうそう云われたらそう思うしかない って位の腑に落ちる話だ。

きっとそうなんだろう。

きっと。

でも、私の中で(でも)も勿論在る。

んだけど。

きっとそうなんだろう。と思うことにした。

 

(まだ鳴っててこわいとか、不安なら今から出てくる?)って優しい申し出を、夜も遅いし、なによりこれ以上の迷惑は…と思って断った。

私はこわくはなかったんだ。

戸惑って、困って、それからほんの少しだけ、懐かしくて優しいのがぶわーってきて、悲しくなったんだ。

こわくはなかった。悲しかった。

そんなことを思い出して、今また悲しくなった。

 

あれから、この部屋にいる時だけ、たまにその音を拾う。

あの日とおんなじ、パチン って音。

きっとそうなんだろう。

きっとそうなんだろうけど。でも、かっちが携帯いじってるのかな とか、そんなバカみたいな話に直結させてしまう。

私の中の(でも)だ。


にほんブログ村

手をとれたら、なにもいらない

もうなんにも選びたくないよ。

そうは云っても選ばなきゃいけないことが沢山ある毎日。

今日私はかっちの位牌を選んできたのだ。

f:id:hitoribocchi17:20170510022439j:plain

 

 

 

 

 

 

朝の10時頃にかっちの地元でお義父さんとお義母さんと合流して、早速仏具屋さんに。

 

お義父さんが先回りして、お寺さんと打ち合わせもしてくれててさ。

彫ってもらう内容とかもちゃんとパソコンで作ってきてくれてて、すごく助かったし、ありがたかった。

私はほんと、そこに身ひとつで居させてもらった。

一周忌のこともそうだけど、いかんせん頼りすぎだよなぁ。アカンなぁ。

そう思ったけど、かっちがもしこの場に居たら、

(いいんだよ、うちのお父さんまとめるの好きだし、ぼっちだって娘なんだから甘えていいんだよ。俺も甘えてるしwww)

とかなんとか調子のいい感じに云いくるめられてしまうんだろうな。

 

 

お義母さんが(ぼっちちゃん、ここに可愛いのいっぱい載ってるよ)って云って、パンフレットを見せてくれた。

お花や蝶々の絵が入ったり、色が赤や紺のものなんかもあった。

今の位牌ってこんなにハイカラなのもあるんだねぇ なんて話しながら、(選ばないと、どれかちゃんと選ばないといけない)と必死な私の脳内。

これからずっと私が手元に置いておくもの。

立場や環境が変わっても、ずっとずっと私の傍に置くもの。

なんでもいいんだけど なんて云えないし、きっとなんでもよくはないのだ。

 

 

 

ひとつの位牌で、目を留めた。

形はごくシンプルなんだけど、土台の部分に金と銀の小さな曲線模様が描かれている、少し控えめな位牌。

なんだかかっちっぽいなこれ と思った。

シンプルで控えめ。なんだけど、目を惹く というか、確かな存在感がある感じ(惚気すまぬね)。

これにしよう。

そうやって、意外にもすんなり決まった。

お義父さんもお義母さんも(きれいね、いいね)って賛成してくれて、とてもあっさり位牌選びミッションは幕を閉じた。

 

 

 

 

 

 

 

助け舟を出してもらった感ぱないな。

仏具屋さんを出て車でお墓に移動中、そんなことを考えていた。

なんでかわかんないけど、私は、今日という日がくるのが非常に憂鬱で。

選ぶ、選ばない、捨てる、とっとく。

そんな毎日の中、位牌を選ぶ って考えただけで脳も体も拒否しそうになってた。

所謂、魂が宿る場所。

私はあんまそこんとこ妄信したりはしていないんだけど、大事で大切なものだって認識は勿論ある。

あったからこそ、こわかった。

選ぶのがこわかった。

何を選んでも間違いにはならない。

何を選んでも咎められない。

でも、何を選んでも正解なのかは一生わからないのだ。

 

そんな気負いマックス状態だったのをかっちはお見通しだったのかな。

(これやで!)って示してもらってる感がすごかった。

まーたトンチキなこと承知で云うけど、ひとりで選んだ感はぶっちゃけ皆無だ。

私が困ってるといつもさり気なくアドバイスと手をくれてたかっち。

今日もきっとそうだったんだと思うことにする。

そう思うだけで、なんとも気分は平穏だ。

これは私の中だけでの話。

いつもありがとう。


にほんブログ村

(僕たちはいつか終わるから)

youtu.be

この前、録画しておいた【おげんさんといっしょ】を流しながら化粧しようとしていた。

 

んだけど。

 

1曲目にやった【sun】をぼうっと見て、聞いていたら涙がどばどば出てきて化粧どころじゃなくなった。

何度も耳にした曲だったのに、タイミングなのかなんなのか。

 

もう二度と、生で声を聞くことの出来ない声を求めてる歌なんだなぁ って初めて気が付いた。

マイケルとかっちを同列に出来ないけどwww

私の場合は(Hey K)やな。

ふふ。

なんて思って少しだけ、晴れた。


にほんブログ村

絡まって空回りして情けなさで苦しい

気付けばこんなに日数空けてしまってたんだなぁ。

書く暇はきっとあった。

なんか書く気が起きなかったってだけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近は沢山外に出た。

f:id:hitoribocchi17:20170507114640j:plain

友達とキャンプしたりした。

山の空気は澄んでいて、ひんやりしていて、夜は星が零れ落ちてきそうだった。

 

 

今の日常とはまたかけ離れた場所に連れて来てもらえて、なんだかよかったなぁって思った。

かっちが居なくなってから毎日非日常的だけど、毎日続くとそれらがたちまち日常になってしまう。

そういった意味で、とても非日常なことが出来た。

ありがとう。

f:id:hitoribocchi17:20170507114639j:plain

花も空も嘘みたいにきれいだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、体の調子は思わしくなくて。

ずっとお腹が痛く、倦怠感が凄かった。

食欲もなく、お酒も全然進まない。

帰ってきて病院に行ったら(お腹にウイルス入っちゃったかな)と。

点滴を落としてもらい、整腸剤と胃薬を貰って、なんとか、なんとか って感じだ。

 

楽しかったんだけど、これにはなんだかとてもへこんだ。

その友達とは話したことなんだけど、私は本当に健康だったんだ。

病院なんて熱出た時に内科行くくらいだったし、入院したことないし、注射も予防接種の時だけだし。

点滴も血液検査も、21歳の時になった急性腸炎の時にやっただけ。

 

それなのに、この数ヶ月で行ったお医者さんの数。

内科、消火器内科、耳鼻科、脳外科、心療内科

弱り過ぎて参ったね。

当たり前の弱り具合 と云われればもうそれまでなんだけど。

自分のへたり具合とか、弱り具合に自分自身付いていけてないというか。

うそうそ、こんなに悪くなっちゃうの…?まってまって… みたいな感情だ。

友達にも迷惑と心配掛けちゃったし、なんかもう、普通がほしいのに。

自身のままならなさに悲しくなって、結果腹が立つ。

空回って、誰のことも振り回してませんように。

それが一番こわいと今は思う。


にほんブログ村