白魔道士になりたい

常にFLASHBACK

怒りの話と優しくないひとりごと

現実の中で逃避をするようになったな と思う。

事実の点と点は総てが線で繋がるわけではない と思うようになってから、そんなだ。

 

 

 

 

この前、友達と話している時に聞かれたことがある。

『ぼっちちゃんって怒るんですか?』と。

その友達は人の、人に対して怒る所がなんとなく想像出来るらしい。

この人は怒ったら恐そうだなぁ とか。

この人は感情的になりそうだなぁ とか。

でも私から(怒り)とか、(憎しみ)みたいなものを一切感じないのだと云う。

全く想像が出来ないからちょっと教えて と云われて思わず笑った。

いやいや。私だってあるよ と。

不快な思いをさせられたらそれがなんとなく伝わるような空気にしてやりたい とか、意地の悪いこと思うし。

実際したことだってあるし。

きっと怒らないってだけで色んな人を言葉で傷付けた。

過去に理詰めで論破して女友達に泣かれ、感情的になられたこともあった。

その時に、(ぼっちちゃんの云うことは確かに正しいかもしれないよ。でもそれは私に優しくない!)

と泣きながら云われた。

ほとほと困った。

それでも自分が感情的に怒ったり、言い合いの喧嘩みたいにはならない。

多分、他人にあまり期待をしていないんだと思う。

感情的に自分の思いをぶわーーって云えるのって、その意見が(通る)とか、(どうしても通したい)って思ってるからだろうなぁって。

他人だし。

分かり合えるわけないって思ってる。

かっちとだってそう思って一緒に居た。

1人と1人はどう転んだって、どう縺れたって2人だ。

ひとつにはならない。

でもそれがいいんだって。

ひとつになれない2人が一緒に居られるのがすごいんだって。

そう思ってずっと隣で平和に生きてきた。

んで、人にもよるけど(こんだけ暴言吐いても、大丈夫)ってラインがあまりない。

基本的に怒られることが苦手で、

暴言とかも苦手だから、それを自分がやるって選択肢がない。

だったら無言で去ってしまった方が労力も遣わず、自分を傷付けず、楽なのだ。

 

こんなようなことをものっそ圧縮して云ったらその友達に、

『達観し過ぎてて、寂しいな』って云われた。

続けて、『だからかな、ぼっちちゃんと喋ると自分の怒りみたいなものもないように感じるなぁ』って。

嬉しかった。

確かに寂しい奴だけどwwwでもその言葉は投げられて嬉しかった言葉だった。

 

 

 

 

 

最初の話。

現実の中での逃避の話。

自分の能力が低いからすっごい言語化するの難しいんだけど、完全に記録用。

ガチのひとりごとだと思って付き合っていただけたら。

読んでくれる人に対して優しくなくてメンゴ。

 

白と黒がありました。

白の中で生活してました。

白の世界でどーしようもなくなったので、黒の世界に遊びに行きました。

気も紛れるし、時間も使えるのですが、ちゃんと白の世界に戻らなくてはいけません。

戻った瞬間から、そのテンションなんかの明確な差異に自分が着いていけなくなりました。

自分はどっちなんだろう 何者なんだろう と使わなくてもいいはずの思考回路が廻ります。

疲れます。

これが現実から逃避してたパターン。

 

白と黒がありました。

白の中で生活してました。

白の世界でどーしようもなくなったので、その場で真空パックの中に黒を創りました。

白の中にいくつか点在する黒の真空パック達。

それはそのまま。

多分ずっとそのまま。

これが現実の中で逃避してるパターン。

これめっちゃ楽なんだなぁって。

その真空パックは自分のポッケから取り出したり、友達が持ってたり、きっと様々で。

それがありがたい。

そりゃみーんな他人だけど、他人だからこそ。ありがたい。

このパターンにもどっかに落とし穴的なものあるのかな。

だとしても今は分からないし、気付かない。

自分でその道や空間を歩いてみてどうなのかを確かめながら生きるしかないんだなぁ。

ってかこんなこと真面目に考えてる自分に笑えてくるwww

もう朝なのになにしてんだろwww


にほんブログ村

7月

かっちの一周忌を終え、東京に戻ってきた私は隙間を埋めるように遊んだ。

友達と会ったり。

一緒に飲んだり。

ひとりで飲んだり。

そうやって、きてしまうその日に向けて現実の中で逃避 というか準備していた。

 

 

 

その日は海にひとりでいこう。

なんとなくぼんやりそう思っていた。

 

毎年8月頭に花火大会がある、かっちの親戚んちの近くの海。

付き合い始めてから毎年、その海には遊びに行った。

行かない年はなかった。

一昨年だって、抗がん剤治療中に行ったんだよ。

少し泳いで、夜花火を見て、体力的にはもうフラッフラだったけど、

かっちの(これてよかった)(楽しかったね)に救われた思いで。

花火大会の日ではないけど、ひとりでぼうっとしたかった。

ほぼ地元の人しかいないような静かな海だから、ちょうどいいな なんて。

 

 

 

 

でも急に事態は大きく動く。

そんなこと云ってられなくなった。

 

26日、朝起き抜けカフェオレを飲んでいたら家族のグループラインが動き出した。

発信元はお父さん。

朝っぱらからどしたどした と思って携帯を見たら。

じいちゃんが亡くなった と。

右手に持った携帯の中でとんとんと詰まれてく妹とお父さんのやりとり。

おうちで亡くなったから警察や検死が入る。今日明日で動かないから別に来なくて大丈夫だよ。

といった内容だった。

 

私はそれでも実家に行って、なんらかの手伝いをしようと思った。

思ったのに、動けなかった。

ずっとベッドの下で体育座りして、時計を見たりしていた。

別に特段おじいちゃん子!!ってわけではないし、

じいちゃんももう90オーバーだったし、

それでも。

祖母が亡くなってからの交流はとても良いものだったなぁ とか、

数独の解き方を教えてもらったなぁ とか、

麻雀を教えてもらったなぁ とか、

戦争の話をよくしてもらったなぁ とか、

じいちゃんお酒が好きだったから、もっと前からフランクに話せていたら一緒に飲めたのになぁ とか。

 

なにより、なんかもう、これ以上家族が死ぬの、やだって思った。

なんでみんな7月なんだ。

なんなんだよ、ほんとに。動けよ。実家戻れよ。

なんて自分に対して思いながら、それでも動けずにいた。

まじで時計見る以外何してたんだろう。

15時くらいまでぼうっとうだうだしていた。


にほんブログ村

瞬間瞬間の本気

一周忌の日はかっちの実家に泊まった。

いつもかっちと帰ると一緒に泊まる、かっちの部屋。

ほーんと、なんでここにいないんだろうなぁって思いながら、寝不足+アルコール+疲れもあって、ストンと眠りについた。

 

 

朝、お義母さんの作ってくれた朝ごはんを食べながら、昨日の記憶をなぞってみた。

お義父さん、お義母さん、お義姉さん、お義姉さん旦那さんといっぱい話したなぁ。

かけがえのない時間だったな。ありがたかったな。

みんなかっちのことが好きで、

最後まで諦め切れなくて、

強くて弱くて、

そんな空間が私に優しくないはずなかった。

 

 

 

 

 

 

夕方前に私は東京に帰った。

帰る場所は、かっちが過ごしたことのない街。

私もまだ半月ちょいしか知らない、そんな街。

 

私の選択に、私はもう嫌悪感を抱かない。

でも、時々襲ってくる(やだな)のせいで、物理的に動けなくなってしまう。

外に一歩出れば、なんとかなることはちょっとっつ理解してきた。

体感も十分ってくらい出来てる。

頼りになる、周りの人の気持ちやパワーにあやかれる自分もちゃんといた。

こんなに理屈が通らない世界があるなんて知らなかった。

とことんイレギュラーな毎日はまだ変わんなくって、

なにより苦しい。

悲しいって気持ちより、苦しいとか悔しい気持ちが今めきめきと育ってきているこの謎感覚。

寂しいのも勿論ある。

そんな時、人にどうしても頼ってしまう。

これが自分の最大の強くて、そんで弱いところだなぁって思う。

人と関わるってことは、どんな関わり方をしていても人を巻き込んでしまう。

それが恐かった。

恐かったから、心のどこかでセーブしつつ。

けど、今わりかしどーでもいいというか。

私が考えることじゃないな って簡単に思考を切り離すことが出来てしまうようになった。

自分のこういう部分に救われてきたりもしたけど、

自分のこういう部分が心底嫌いな自分もいる。

だって、そんなこと云いながらも完全に縋ることなんて出来ないんだから。

完全に頼ったり、縋ったりも出来ないくせに、人に対しての思いやりが減ってしまった気がして、そんな部分も(やだな)ポイントなのだ。

なのにやめることができない。

 

 

明日になったらまた違うこと思ってそうだし、云ってそう。

そんなことがどんどん歪に重なって、積ってく。


にほんブログ村

私の担当するかっちは(大人)(彼氏)(旦那)

かっちの一周忌の話を書いてこうと思う。

最近記憶の抜けが前より激しくなってる気がする。

書いて、人目につくような文でちゃんと書いておかないと って思いながらもう何日も過ぎてしまった。

一周忌の後に色々あった。

忙しなく、でも動けず、そんな過ごし方でもおんなじ日なんて一日もない。

そんなこと思いながら、自分の部屋でぼうっと黄色い時計を見ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一周忌は無事に終わることが出来た。

納骨も。

こんだけ家でいっつもベソベソしてるんだから、もう泣かないって思ってたのに、納骨の時はやっぱり泣いてしまった。

みなさんにぐしゃぐしゃな顔見せないように、ちょっと外れたとこで、お墓に背を向けて、アホほど泣いた。

そしたらお義母さんが後ろから肩を抱いてくれた。

暑い日だった。

陽が近く感じて、暴力的にも思えた。

首の後ろがヒリヒリとした。

去年の今時期をどうしたって思い出して、

なにしたって苦しくなる。

なんでかっちのお墓で、かっちの最後を思い出してしまうんだ。

バカげてる。

んでもって不毛。

いつもこうなのに。

いつもこうなのにとことん私は学ばないんだなぁ。

書いてて思うもん。

 

 

 

 

全部終わって、親戚の皆さんを見送って、かっちの実家に行った。

 

そこからずっとお義兄さん(お義姉さんの旦那さんの方)と一緒に飲んでた。

みんな喪服の黒を脱いで、家着になって、飲みながらかっちの話をした。

夕方から始まり、深夜0時くらいまで。

前の日1時間くらいしか眠れてなかったから酔いは早いし、定期的に顔を出す睡魔をいなしながら話をしていた。

それらはもうほとんど笑い話よ。

こんな子供だった。

こんな弟だった。

こんな大人だった。

こんな彼氏だった。

こんな旦那だった。

みんなの中のかっちを、みんなで話して、思い出して、泣いたり笑った。

 

 

私にあの世のシステムはわからない。

何度か生まれ変わりチャンスがあるのかもしれないし、

天国と地獄っていう極端で古典的な場所なのかもしれないし、

映画でよく見るような(姿として見えないだけ)で、生きてる人の傍にいれるのかもしれない。

完全なる無なんて私は体験したことないし、きっとこれからもしないんだと思う。

でも心はもう何度も死んだんだって思う。

何度も死ねるんだなぁって。

なんでこんなこと書いてるんだか。

頭の中でまとまってないの丸分かりすぎてなんかもう恥ずかしい極みなんだけど。

でもかっこつけるのやめたからもういいんだった。

うん。

何が云いたいかって、私の知らない、分からない場所でかっちは今、どうしてるんだろう。

少しでも分かった気に成れたら。

また今の思考回路とは別ルートに私もいるのかもしれない。


にほんブログ村

揺れるの前髪だけ

一個前のブログを書いた後、私はほんとにすぐ眠った。

夢を見た。

夢の中でも私はひとりで飲んでた。

知らないお店のカウンターで、次々に変わる友達数人と話をしていた。

起きたんだけど、夢と現実の境目がどこだかわかんなくなって、暫く頭の中はクエスチョンマークで支配されてた。と思う。

あれ、さっきまで一緒に飲んでた友人たちはどこいっちゃったんだろ。

あれ、ここどこだろ。

これは私のベッドだけど、この部屋は誰の部屋だろ。

いっこいっこ脳内で答え合わせをしてって、頭を抱えた。

かっちは夢に出てこなかった。

冷蔵庫を見ると、買った覚えのない飲み物とかが入ってた。

きっと帰りにコンビニで買ったものなんだろう。私が。

相当酔ってたんだなぁ。なんてぼんやり思った。

 

 

 

最近、悲しいとか情けないとか、なんかそういった感情がよくわからなくなってきた感じがする。

悲しいは悲しいよ。

情けないし、悔しいし、苦しい。

でも、しがみつけなくなってきた。

現実逃避とはまた違うような感覚。

なんなんだろう。言語化難しいなぁ。

願っても、祈っても、もう私の一番ほしいものは叶わないんだなぁって考えちゃうと、

ふいに感情を投げたくなってしまう。

どーだっていいか。

どーだってよくないな。

なんともなんないな。

じゃあいっか。

みたいな。

 

よくわかんないふわふわした記事でメンゴ。

こんなん後から読み返してもなんのこっちゃな文だなwww

でもいーか。

的な。


にほんブログ村

丁寧にしたい

酔いが過ぎた。

少し寝て、起きたら写真立てが枕元に転がってた。

かっちの写真。

謝りたいことfがどんどん増えてく。

かっちが私と生きたかったはずの毎日を

私は浪費してる。

一日一日にきっとなんかしらの意味合いはあるんだろうけど、

沢山の人の想い、気遣い、優しさ、心配、思いやりを浪費して今生きてる。

かっちは私にどんな未来をみたのかな。

きっと理想と違うことだらけで、それらに対して私はきっとずっと謝り続ける。

こんな私見たくなかったよね とか、

こんな私想像してなかったよね とか、

こんな私知らなかったよね とか、

自分でもうんざりするようなことばっか。

どんどんどんどん積ってく。

どうやったら丁寧に出来るかな。

丁寧のやり方がもう長いことわかんない。

かっちがいなくなってから、真面目に生きるを出来てない。

もう1年経っちゃうよ。

すげーやだよ。

自分が丁寧に出来る物事にしか触りたくない。

けど、その境目がものっそバカ。

選んでるつもりなんだけど、こうなっちゃうと思考がおっつかない。

今いつも以上に言葉が選べてない。

酔ってるのと、眠れてないのが原因なのも分かってる。

分かってるんだけど、手が止まらない。

ごめん。

いろんなひとにふごめんねなんだ。

きみらのいないとこでの私はこんなんで、

こんなにも脆くて弱くて、

危うくて、

縋りたいのに全力で縋れなくて、

どこかしら穿った目で見てしまう。

こんな自分も心底いやなんだけど、

こんな自分を守らなきゃってどっかで思ってて、

だから弱いんだな

ずっとこんななんだ。

こんなでごめんね。

いまでも会いたいんだ。

夢に出てきてくれたらいいのにって今思うから、

とりあえず薬飲んで寝ます。

頼むから出てきてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

片道切符と往復切符2

鶴を折った後は、お義母さんが作ってくれてた珈琲ゼリーを3人で食べた。

冷たくて、夏っぽくて、美味しかった。

 

 

 

お義父さんが私のエフェクターケースをじいっと見ていた。

そんな私に気付いて、お義父さんが『これはなんの荷物なの?』って聞いてきた。私は、『中身はこれなんです』と云って、ケースを開けた。

 

中にはマイクが1本。

エフェクターが2体。

アダプターが2つ。

 

お義母さんがマイクを取って、ぱぁって笑顔になって、『また音楽始めてくれたのね』と、云った。

 

 

 

 

 

 

 

前から少し疑問に思ってたことがあった。

今年に入ったくらいから、お義父さんお義母さんに会う度に(音楽はもうやらないの?)って聞かれていたこと。

(誘われたりしたら気にせずやりなね)

とか、

(こっちに気を遣わなくっていいんだからね)

とか、

(ぼっちちゃんがやりたいことをやりたいようにやってね)

とか、そらもーありがたい言葉ばっかりかけてもらってた。

にしても。

(音楽)というワードがやたらめったら出てくるのだ。

 

 

だから、聞いてみた。

すごいストレートに、『私が音楽をすることをなんでそんなに喜んでくれるの?』って。

 

 

 

大体こんなような話をお義母さんはしてくれたんだ。

 

『夜にね、あの子に用事がある時とか電話掛けて、

(ぼっちちゃんとも話したいから代わって)

って云うと、

(ぼっちはバンドのライブで今日は帰りが遅いんだよ~)

ってことが結構あったのね。

それで、私が

(アンタ、ぼっちちゃんばっかり忙しくて寂しいんじゃないのw?)

ってちょっと茶化して聞いたの。そしたら、

(俺はぼっちが好きなことをして楽しんでるのが一番好きだからいーの。音楽やってて、音楽で楽しい!って思って動いてるぼっち見てるのが楽しいの)

って云っててね、あの子は。

本当に。ぼっちちゃんがそう思ってくれてるのと同じで、ぼっちちゃんの全部が好きだったのね。』

 

 

 

 

 

そんなこと云われたことなかった。

聞いたこともなかった。

知らなかった。

私が楽しいのが嬉しい人だ って思ってはいたけど。

私の大事にしていた音楽を、かっちがそんな風に大切に思ってくれてたなんて、私は知らなかったし、気付けなかった。

嬉しい気持ちと、情けないような、泣き出したい気持ちと、ありがたい気持ちとで、泣きそうになって慌ててトイレに行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽を再び始めた時からこの日まで、(やめる理由もないしな)って思ってた。

でも、少しの(やめない理由)が出来た。


にほんブログ村